NEW

【マイラーズC(G2)展望】武豊エアスピネルが「春のマイル王」目指して豪華メンバーと激突!古豪イスラボニータが新鋭4歳勢に立ち塞がる!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【マイラーズC(G2)展望】武豊エアスピネルが「春のマイル王」目指して豪華メンバーと激突!古豪イスラボニータが新鋭4歳勢に立ち塞がる!の画像1

 春の連続G1開催も一息。ただ、23日に京都競馬場で開催されるマイラーズC(G2)には、春のマイル王決定戦・安田記念(G1)を睨むハイレベルなメンバーが集い、興味深い一戦になりそうだ。

 中でも年明けの京都金杯(G3)を勝ったエアスピネル(牡4歳、栗東・笹田和秀厩舎)には、次代のマイル界を牽引する存在として、ひと際大きな期待が集まっている。

 2歳時から朝日杯フューチュリティS(G1)で1番人気に推されるなど、早くから高い素質を発揮していたエアスピネル。しかし、昨年のクラシックでは4、4、3着とすべて善戦止まり。掲示板は外さないものの、あと一歩の競馬が続いていた。

 古馬として迎えた今年は、マイル路線に照準を絞り年明けの京都金杯から始動。最後の直線で力強く抜け出し、約1年2カ月ぶりの勝利を上げた。しかし、続く東京新聞杯(G3)では極端なスローペースからの瞬発力勝負となり、3着に惜敗。悲願のG1制覇、マイル王襲名に向けて手痛い敗戦を喫した。

 仕切り直しとなる今回は、デイリー杯2歳S(G2)と京都金杯勝ちで2戦2勝と得意にする京都のマイル戦。主戦の武豊騎手と共に胸を張って安田記念に挑むためにも、これ以上は負けられない。

 そのエアスピネルを東京新聞杯で負かしたのが充実著しいブラックスピネル(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)だ。

 年明けの京都金杯ではエアスピネルにハナ差敗れたものの、前走の東京新聞杯では見事な逃げ切り勝ち。1000m通過が62.2秒という絶妙のペースでエアスピネルら後続を完封し、初の重賞制覇を飾った。

【マイラーズC(G2)展望】武豊エアスピネルが「春のマイル王」目指して豪華メンバーと激突!古豪イスラボニータが新鋭4歳勢に立ち塞がる!のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、エアスピネルマイラーズC武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!