NEW

『貴族探偵』15分も見られない人続出!? 視聴率どころじゃない「薄っぺらさ」と緊張感皆無

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『貴族探偵』15分も見られない人続出!? 視聴率どころじゃない「薄っぺらさ」と緊張感皆無の画像1
 17日に放送を開始した『貴族探偵』(フジテレビ系)。月9の30周年を記念する作品ということらしいが、すでに評価は散々の様子だ。

 主演の相葉雅紀は謎に包まれた貴族探偵役だが、予想通りその演技は酷評の嵐。ただ、正直「貴族」など誰が演じても難しい役柄であり、必ずしも相葉のせいともいえないのでは......という声はある。無論、役柄になりきろうとする雰囲気すら感じられないという声もあるが......。

 脇を固める井川遥や松重豊、生瀬勝久などはさすが豪華キャストに見合った存在感を発揮しているものの、しゃべらず、推理もせず、ただいるだけという相葉の存在意義は?となってしまう部分もあり、なんとっもアンバランスな印象だ。

 何より、コメディタッチなのはいいものの、あまりにも全体の「緊張感」がなさすぎ、ちょっと油断すると「これ何をしているんだっけ?」となってしまう空気が最大の問題のように思える。

「この状態なら、これまでのステレオタイプなラブストーリーのほうがまだマシだったかも......と思った人は多いかもしれません。そもそもストーリーに山場もなく、今後どうなっていくのか、回を経るごとにどんでん返しが、などなど、先への盛り上がりもありません。

ジャニーズ主演なのでココ最近よりはマシな視聴率になるかもしれませんが、それ以前に『15分もたない』とチャンネルを変える人も多いようです。30周年作品の船出は、相当に厳しいものとなってしまいました」(記者)

 相葉の月9主演作『ようこそ我が家へ』は評判はよく好意的な声も多数あったが、「緊張感」の面で今作はどうしても受け入れられない部分が多い様子。厳しすぎるスタートとなった『貴族探偵』。今後の展開はいかに。

『貴族探偵』15分も見られない人続出!? 視聴率どころじゃない「薄っぺらさ」と緊張感皆無のページです。ギャンブルジャーナルは、エンタメ、月9相葉雅紀貴族探偵の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!