NEW

キタサンブラックのライバル・"京都巧者"が無念の回避!! 今後は現役続行か、引退か......

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0419karenmiro_01.jpg
※画像:カレンミロティック 『競馬つらつら』より

 期待の"伏兵"が無念のリタイアとなった。

 30日に京都競馬場で行われる第155回天皇賞・春(G1)への出走を予定していたカレンミロティック(セ9歳、栗東・平田修厩舎)が、同レースを回避することとなったと「デイリースポーツ」が伝えている。

 同紙によれば、カレンミロティックは1週前追い切りを終えたあと、左前肢に裂蹄を発症。今後は放牧に出されると見られている。カレンミロティックは、今年3月に開催された阪神大賞典(G2)も左前肢裂蹄を発症したため、登録を見送っていた。

 今年の天皇賞・春は昨年の有馬記念(G1)以来となるキタサンブラック、サトノダイヤモンドの2強対決に注目が集まっている。そして、この2頭の争いに割って入るのではないかと注目されていたのがカレンミロティックだった。

 昨年の同レースではスタートから先頭を奪ったキタサンブラックをその後方でピッタリとマーク。最後の直線ではキタサンブラックを交わし、一時は先頭に立つ激走を見せた。最終的にハナ差で敗れたものの、カレンミロティックの走りはレースを観戦した者たちに衝撃を与えたのは間違いない。

「昨年の天皇賞・春では、13番人気ながらハナ差で2着。また一昨年前の同レースでも10番人気ながら3着に入っていることから、京都3200mが得意として知られていました。今年もペースや展開さえハマれば確実に脚を伸ばして、馬券内に粘り込めると考えていた人も多かったでしょう。ネット上ではこの回避の一報に対して残念がる声が多く聞こえます。今後は未定とされていますが、すでに9歳ですし、陣営の頭には引退の二文字がよぎってもおかしくないです」(記者)

 過去の実績から馬券購入者を悩ます存在だった伏兵・カレンミロティック。現役続行かまたは引退か、陣営の発表を待ちたい。

キタサンブラックのライバル・"京都巧者"が無念の回避!! 今後は現役続行か、引退か......のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、カレンミロティックキタサンブラック天皇賞・春の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!