NEW

小嶋陽菜の競馬予想が「的中率7%」の絶不調......AKB48卒業発表後の「成績」が悲惨すぎて「こじはる神話」崩壊?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小嶋陽菜の競馬予想が「的中率7%」の絶不調......AKB48卒業発表後の「成績」が悲惨すぎて「こじはる神話」崩壊?の画像1

 AKB48小嶋陽菜が29歳の誕生日を迎えた19日、東京・秋葉原で卒業公演を行い、約11年間を超えるAKB48の活動に幕を下ろした。

 昨年6月に卒業宣言をしてから、ついに芸能活動の大きな区切りを迎えた小嶋。すでにソロ活動での地位を確立しているだけに、すぐに大きな変化があるわけではなさそう。だが、卒業後にあっさり消えた先輩も多いだけに今後、より一層の活躍が必要なのは間違いないだろう。

 そんな小嶋の活動の中で、実は得意の「競馬予想」が未だかつてない窮地を迎えている。

 競馬ファンの間では「3連単5頭BOXなら、だいたい当たる~」というフレーズでお馴染みの小嶋の競馬予想。文字通り3連単5頭BOXの計60点で勝負するわけだが、昨年の安田記念(G1)では3連単15万3560円を的中させるなど、専門家顔負けの"予想家アイドル"として人気を博している。

 現在は『馬好王国~UmazuKingdom~』(フジテレビ)内で、自らの予想を展開している小嶋。『うまズキッ!』時代は2015年、16年と2年連続で回収率100%超えのプラスを達成していたが、今年はどうも歯車がかみ合っていないようだ。

「番組が変わって今年から心機一転といったところでしたが、ここまで1勝13敗と1月のAJCC(G2)で的中して以来、約3カ月で11連敗中です。1点100円換算でもマイナスが5万5000円まで膨らんでおり、的中率が約7%、回収率はわずか35%と苦しい状況。もっとも3連単なので、まだまだ巻き返せる範囲ですが、あまり連敗が長引くと番組的にも扱いに困りますし、視聴者も興味を失ってしまうかもしれません」(記者)

 もともと『うまズキッ!』の人気が下降気味だったことを受け、年始から構成やレギュラー陣などはほぼ変えないまま、番組の顔となるMCにDAIGOを抜擢する"突貫工事"的なスタートを切った『馬好王国』。

 しかし、ネット上で「競馬と関係ない情報が多すぎる」と批判されるなど、視聴者となる競馬ファンからの評価を相変わらず低いままで苦戦が続いているようだ。

小嶋陽菜の競馬予想が「的中率7%」の絶不調......AKB48卒業発表後の「成績」が悲惨すぎて「こじはる神話」崩壊?のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、AKB48小嶋陽菜競馬の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!