NEW

キタサンブラックが世界ランク8位に下落! 気になる「世界サラブレッドランキング」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キタサンブラック、現実味増す「G1競走8勝」の大記録! 武豊とともにジンクスを打ち破るの画像1

 世界各国の競走馬を格付けするロンジンワールドベストレースホースランキング(2017年1月1日~5月7日)が今年も発表された。昨年の同時期は日本の最強マイラー・モーリスが124というレーティングを獲得し、世界3位タイを記録している。

 今年の1位はドバイワールドカップ(G1)を圧勝したアロゲートで134ポンド。2位には豪州最強の名牝ウィンクスが132ポンドで続き、3位は、ドバイワールドカップで2着に入ったガンランナー、クイーンエリザベスS(G1)でウィンクスに次いで2着だったハートネル、日本馬サウンズオブアースも出走したドバイシーマクラシック(G1)を制したジャックホブスの3頭が123ポンドで並んでいる。

 気になる日本馬はキタサンブラックが121ポンドで8位と前回からひとつ順位を落とし、前回第8位タイのサトノクラウンとサトノダイヤモンドが120ポンドで第9位タイ。また119ポンドで第16位タイにネオリアリズム、シュヴァルグランが名を連ねている。

 日本馬の上位陣は軒並みランクを落としているように思えるが、距離別カテゴリーでは今回から『E』(エクステンディッド、超長距離:2701m以上)が加えられており、そちらではキタサンブラックがトップになっているという。

 いうまでもなく、数字ですべてを測れるわけではなく、この発表されたランキングはあくまでも指標のひとつだ。

 過去、日本では14年にジャスタウェイ、昨年はエイシンヒカリが世界第1位に選出されたことがある。だが、その後ジャスタウェイは安田記念(G1)を勝ったものの、凱旋門賞は8着と惨敗。またエイシンヒカリもプリンスオブウェール(G1)最下位、天皇賞・秋(G1)、香港C(G1)はともに二桁着に終わっている。

 今回ランクインしているキタサンブラック、サトノダイヤモンドは先日、10月1日にフランスのシャンティイ競馬場で開催される凱旋門賞(G1)に登録していることが発表された。2頭は同レースでさらに世界から評価される走りを見せてくれるのか、それとも......。

キタサンブラックが世界ランク8位に下落! 気になる「世界サラブレッドランキング」のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、キタサンブラックサトノダイヤモンドロンジンワールドベストレースホースランキングの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!