NEW

武豊「やる気問題」でリスグラシューに暗雲!? JRA・G1「ワースト2」の20年間未勝利......ダービー最多勝利騎手が「オークスを勝てない」理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「やる気問題」でリスグラシューに暗雲!? JRA・G1「ワースト2」の20年間未勝利......ダービー最多勝利騎手が「オークスを勝てない」理由の画像1

 毎年「オークスでこそ」という馬が1頭や2頭はいるものだが、今年の代表格は間違いなく桜花賞(G1)で2着したリスグラシュー(牝3歳、栗東・矢作芳人厩舎)だろう。

 2014年のオークス馬ヌーヴォレコルトと同じハーツクライ産駒。主な勝ち鞍はオークスと同じ東京で行われたアルテミスS(G3)。ここ3戦、世代トップクラスの力を示しているもののあと一歩勝ち切れない面は、如何にも「距離が伸びてこそ」と感じさせる逸材だ。

 ヌーヴォレコルトがチューリップ賞(G3)2着、桜花賞(G1)3着から、オークスでついに戴冠の時を迎えたように、この馬も樫の舞台で本領発揮となるのだろうか。3歳牝馬の頂上決戦を前に、評価はうなぎ上りの状況となっている。

 その原動力となっているのが、主戦の武豊騎手の存在だ。

 特に前走の桜花賞では、ここ2戦で完敗を喫していたソウルスターリングをマークする積極的な競馬を展開。エンジンの掛かりが遅いため勝負所で突き放される欠点を最小限に留めると、最後は脚が上がった最大のライバルを捉えてゴール。勝ったレーヌミノルには半馬身届かなかったものの、見事なリベンジを果たしている。

 そして迎える府中の2400mにおいて本馬のアドバンテージは大きく、両者の立場は限りなく拮抗することだろう。リスグラシューにとっては、ソウルスターリングに引導を渡すためのまたとない舞台となるはずだ。

 あとはもう、この春のG1戦線で大暴れしている武豊騎手の手腕にすべてを託せば、結果はついてくる......と述べたいところだが、今回に限り実は、不安は「武豊騎手」にある。次ページの表をご覧いただきたい。

武豊「やる気問題」でリスグラシューに暗雲!? JRA・G1「ワースト2」の20年間未勝利......ダービー最多勝利騎手が「オークスを勝てない」理由のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、オークスリスグラシュー武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!