NEW

錦織圭も大迷惑!? テニス三橋淳「賭博」「八百長」永久追放でテニスのイメージ"さらに"悪化?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0515tennis_01.jpg

 テニスの不正監視団体「テニス・インテグリティー・ユニット(TIU)」は、八百長に関与したとして、男子の世界ランキング元295位の三橋淳を永久追放すると発表した。

 三橋は中学時代からテニスで頭角を現し、ジュニアデビスカップU-16大会には錦織圭選手らとともに日本代表として出場した経験も持つ。07年に高校を中退し、プロに転向。それ以降は日本国外を問わず、試合に出場していた。

 TIUによれば、2015年に南アフリカとナイジェリアで行われた大会で、三橋が参加者に対して"八百長"を持ちかけたとされる。また選手には禁止されているテニスの公式戦の勝敗に対し、76回も賭博行為を行っていたそうだ。これらの疑惑に対して三橋が事情聴取を拒否したため、処分が下されたという。

 多くのスポーツがそうであるように、テニスもまたその選手たちの勝敗がギャンブルの対象にされている。そのためテニス界には以前から"八百長疑惑"がささやかれていた。

 09年、マフィアの元ボスがAFPの取材に応じ、トップレベルのテニスの試合はギャンブラーに操られていると語っている。

錦織圭も大迷惑!? テニス三橋淳「賭博」「八百長」永久追放でテニスのイメージ"さらに"悪化?のページです。ギャンブルジャーナルは、その他、テニス八百長錦織圭の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!