NEW

本田圭佑「自殺反対ツイート」にミュージシャンが「正当反論」 人物像の固定化が顕著?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本田圭佑「自殺反対ツイート」にミュージシャンが「正当反論」 人物像の固定化が顕著?の画像1

 イタリア・セリエAのACミランからの退団を表明した本田圭佑選手。今後どこの国、チームに移籍するのかは、少なくとも日本人の間では注目されている。

 今後どのような道を歩むかは別として、ACミラン時代にはベンチを温めている印象が強かった本田選手だけに「戦いを見る場ではなく、戦える場所を探さないと」「高いレベルでは出られないんじゃ」という指摘もなされている。

 また、持ち前のキャラクターではあるもののその「プライドの高さ」で、日本のファンからしてもミラン時代は「本田は何がしたいのか」という疑問は多く出ていた。日本代表として活躍する意志を語りながら、ミランでは試合に出られない状況ながら長く残留したという点がまさに象徴的だろう。

 サッカーでの活躍も期待したいところではあるが、一方日本では、本田選手のSNS上の発言が物議を醸してもいる。

先月30日「時事通信」が報じた「若い世代の死因、自殺最多=15~39歳「深刻」―政府白書」の記事。この記事に対し、本田選手は以下のようにTwitter上でコメントを残している。

「他人のせいにするな!政治のせいにするな!!生きてることに感謝し、両親に感謝しないといけない。今やってることが嫌ならやめればいいから。成功に囚われるな!成長に囚われろ!!」

 全世代的に死因上位に「自殺」が入るという深刻な状況が浮き彫りになった記事ではあるが、今回の本田選手のコメントには賛否両論の嵐が吹き荒れている。

「生きてることに感謝し、両親に感謝しないといけない」というコメントには概ね同意が多いものの、突然「政治」の話が出てきたり(記事では触れられていない)、「成功に囚われるな!成長に囚われろ!!」に関しては解釈の違いこそあれ「意味がわからない」という声も多数散見されている。

 これに関しては、ミュージシャンである米津玄師が、相当な量のリツイートで「問題を指摘」している。

本田圭佑「自殺反対ツイート」にミュージシャンが「正当反論」 人物像の固定化が顕著?のページです。ギャンブルジャーナルは、スポーツ、ACミラン本田圭佑自殺の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!