NEW

JRA騎乗停止の松田大作騎手の「あのオーナー」が救いの手...調教に顔を出すように

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA騎乗停止の松田大作騎手の「あのオーナー」が救いの手...調教に顔を出すようにの画像1

 免許停止中にもかかわらず京都市内で車を運転していたとして、 8月8日までの騎乗停止処分がJRAから下されていた松田大作騎手。その松田騎手が函館スプリントS(G3)に出走予定のシュウジ(牡4歳、栗東・須貝尚介厩舎)の調教に参加していると話題になっている。

 シュウジは松田騎手を背に乗せ3頭併せ馬を行い、函館芝で5F62秒2-34秒8-11秒を記録。そして大外を回って直線に入り、強めに追われるとラスト1F11秒4前の末脚を披露して、先を行く2頭を豪快に追い抜いたという。

 シュウジを管理する須貝調教師は「デイリースポーツ」の取材に対し、「前走から間隔があいているので、ある程度はやっておかないと」と調教を振り返り、そして「あれだけ外を回りながらこの時計だからね。思い通りの調整ができた」と仕上がりに太鼓判を押していた。

 シュウジはデビュー後から高いスプリント能力が評価されていた。だが好走を続けていたものの、今年の初戦阪急杯(G3)でまさかの8着、次走の高松宮記念(G1)でも15着と大敗。だが、復活さえできれば、この馬の力は間違いなくG1級ともいわれる。

 復活を期すべくレースの騎手には武豊騎手に白羽の矢が立てられているが、勝てば松田騎手の調教でのアシストが復活への足がかりになったと評価される部分もあるだろう。そうすれば今後も騎手停止期間が空けるまで調教でその姿を見ることができるかもしれない。

JRA騎乗停止の松田大作騎手の「あのオーナー」が救いの手...調教に顔を出すようにのページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、シュウジ松田大作武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!