NEW

NMB48須藤凜々花に「救われた」AKB総選挙......個々のアイドルの気持ち「完全無視」で露見した「隠す気もない商業主義」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NMB48須藤凜々花に「救われた」AKB総選挙......個々のアイドルの気持ち「完全無視」で露見した「隠す気もない商業主義」の画像1

 17日に行われたAKB48の「第9回49thシングル選抜総選挙」最大のサプライズ(?)となった、20位にランクインしたNMB48須藤凜々花の「結婚発表」。「文春デジタル」(文藝春秋)の熱愛スクープを先んじて潰した形だが、他のAKBアイドルからすればたまったものではないだろう。渡辺麻友の卒業や指原莉乃の3連覇も完全にかすんでしまった。

 OGである大島優子がインスタグラムで「F」からはじまる侮辱発言で須藤を批判し、指原も「"先輩たちがつくったステージ"ということは考えてほしかった」「アイドルはステージではアイドルでいるべき」と苦言を呈するなど、これまでの総選挙とは大きく異なる雰囲気になってしまった。

 もともと沖縄県の野外で行われるはずだったのが大雨を警戒して中止、公民館での開催になるなど異例尽くしだったが、実際の開催でもとんでもないことが起こってしまった。何から何まではじめて尽くしだった。

「逆にいえば『助かった』ともいえます。当然のことですが、AKB総選挙も『マンネリ』状態ですし、CD売上ほどの盛り上がりがなかったのは世間も完全に理解していますよ。さらには指原が優勝するということもテレビ露出量などを考えれば答えを見るまでもない。渡辺の卒業に関しても卒業者が多すぎてさほどインパクトもないでしょう。

結婚発表がなければ話題性は非常に薄かったんです。今回の発表の賛否はともかく、AKB総選挙の盛り上がりが獲得できた点は内部からすればよかったのでは」(記者)

 無論熱愛スクープが出ることなど予見していなかったのだろうが、結果的にそのアクシデントが今年の総選挙の注目度を高めたのは間違いない。

NMB48須藤凜々花に「救われた」AKB総選挙......個々のアイドルの気持ち「完全無視」で露見した「隠す気もない商業主義」のページです。ギャンブルジャーナルは、エンタメ、AKB総選挙指原莉乃須藤凜々花の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!