NEW

キタサンブラック並みの内枠巧者に「生涯最高」の激走条件が整う? 七夕賞(G3)はパドルウィールが「大波乱」の使者!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キタサンブラック並みの内枠巧者に「生涯最高」の激走条件が整う? 七夕賞(G3)はパドルウィールが「大波乱」の使者!? の画像1

 9日に福島競馬場で開催される七夕賞(G3)は、毎年のように荒れるレースとして知られている。

 過去5年間の結果を振り返ると、2012年が59万1030円、2013年が31万70円、2014年が12万1740円、そして2015年に至っては100万6440円と、ついに「100万馬券」の大台を突破。昨年こそ9万6740円に留まったが、ほぼ10万馬券という見方もできるだろう。

 荒れるレースには、当然ながら波乱の決着を演出した"立役者"がいる。例えば、昨年は11番人気で3着に好走したオリオンザジャパン、一昨年も16番人気と最下位人気ながら3着したマデイラがいた。2頭とも超人気薄とあって、普通に馬券を買っていればなかなか抑えられる存在ではない。

 しかし、後から振り返ってみると、この2頭には明確な「共通点」がある。

 それは2頭が共にクロフネ産駒であり、母の父がサンデーサイレンスであるという点だ。ここ2年で七夕賞に出走した32頭の内、該当馬はこの2頭しかおらず、七夕賞に出走する「クロフネ×サンデーサイレンス」は無条件で買いということになるだろう。

 この点を踏まえて、今年の出走馬をチェックすると見事にパドルウィールだけが該当している。

 前日段階で単勝10番人気と、まったく注目されていないパドルウィール。だが、昨年のオリオンザジャパンが11番人気、一昨年のマデイラに至っては16番人気だったことを考慮すれば、逆に美味しいとさえ感じる。

 人気薄となっているのは、おそらく前走のエプソムC(G3)の18着大敗が最大の原因だろう。だが、それには「落鉄していた」という明確な敗因があり、度外視していいレースだ。無論、それでも厳しいことに変わりはないが、今回のパドルウィールには血統的な側面だけでなく、もう1つ大きな"追い風"が吹いているのだ。

キタサンブラック並みの内枠巧者に「生涯最高」の激走条件が整う? 七夕賞(G3)はパドルウィールが「大波乱」の使者!? のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、キタサンブラックパドルウィール七夕賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!