NEW

パチンコ規制「もうけは5万円以下」の"裏側"警察庁の「賭博」認識に矛盾!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ規制「もうけは5万円以下」の裏側警察庁の「賭博」認識に矛盾!?の画像1

 警察庁は7月10日にギャンブル依存症対策として、パチンコの出玉を現行の2/3程度に抑える方針を明らかにした。パチンコの標準的な遊技時間(4時間)で獲得できる出玉の上限を、5万円以下に制限する方針を固めている。

 もうけの上限を引き下げることで、「負けを取り戻そう」という思いを抑制することが狙い。また大当たり確率を変更できる「設定」をパチンコにも導入し、ギャンブル性を今以上に抑える方向性のようだ。大当たりの出玉の上限も現行の2400個(9600円相当)から1500個(6000円相当)へ引き下げられると発表されている。

 パチスロについても同様の規制が加わっている。大当たりの出玉の上限は480枚(9600円相当)から300枚(6000円相当)に抑制。パチスロはパチンコよりも厳しい状況に陥りそうな印象だ。ART機どころか、『ジャグラー』のようなAタイプ機の出玉性能に影響を与える可能性が生まれたことも苦しい要素だろう。

 現在のように、数十万円相当の出玉を獲得することは不可能。ネット上で「終わったな」「これは打てない」という反応が見られるように、遊技人口の減少へ繋がることは間違いないだろう。

 しかし今回のような出玉規制は、本当にギャンブル依存症対策として効果があるのだろうか。

パチンコ規制「もうけは5万円以下」の"裏側"警察庁の「賭博」認識に矛盾!?のページです。ギャンブルジャーナルは、パチンコ・パチスロ、パチンコパチンコ5万円以下パチンコ規制の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!