NEW

ゴールドシップ全弟が初陣! あの「オルフェーヴル産駒」と互角なら確勝級か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴールドシップ全弟が初陣! あの「オルフェーヴル産駒」と互角なら確勝級かの画像1
※画像:ゴールドシップ 『競馬つらつら』より

 2013、14年の宝塚記念を連覇するなどG1・6勝を挙げたゴールドシップの全弟ゴールドフラッグ(牡、2歳/栗東・須貝尚介厩舎)が、16日(日)の函館競馬場第5レース(芝・1800m)に登場する。

 芦毛の兄とは違う黒鹿毛のゴールドフラッグは5月下旬から栗東で調教を重ね、6月下旬に函館競馬場入りしていた。本来ならば先週にもデビューの予定だったが、5日の追い切り後に須貝調教師が延期を決めたと「サンスポ」が報じていた。

 おそらく3頭併せで後方から外を回した新馬に半馬身差付けられたため、もう少し仕上げが必要と感じたのかもしれない。だが、この時の併せた馬はオルフェーヴル産駒は、JRA初勝利を新馬レコードで記録したクリノクーニング。相手が悪かったとしかいいようがない。

 だが、1週先延ばしにしたのが功を奏し、今週の合わせ馬では函館の芝コースでアドマイヤアルパマ(3歳未勝利)を相手に3馬身先行し、馬なりで5ハロン64秒2-12秒1をマーク。須貝調教師は「スポーツ報知」の取材に対して「きっちり仕上がった」と満足気。兄とは比べられないとしつつも、「体つきは似ている」と期待込めて話しているという。

 兄のゴールドシップも函館競馬場の芝1800mでデビュー。2番人気に推され、レースでは上がり最速34.9秒の伸びのある末脚を披露してアタマ差で勝利を収めた。弟のゴールドフラッグも同様に初戦勝利を決め、順調な競走馬生活をスタートさせたいところだろう。

ゴールドシップ全弟が初陣! あの「オルフェーヴル産駒」と互角なら確勝級かのページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、オルフェーヴルゴールドシップゴールドフラッグの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!