NEW

フジテレビ『みんなのKEIBA』で着差「1月2日」の恥事!? 推測される「原因」とそれ以上にまずい"競走中止"

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フジテレビ『みんなのKEIBA』で着差「1月2日」の恥事!? 推測される「原因」とそれ以上にまずい競走中止の画像1

 フジテレビ系の競馬番組『みんなのKEIBA』が、またもファンに「ネタ」を提供してしまった。

 16日の放送、この日は函館記念(G3)こそあったものの、セレクトセールの話題以外は特に推しどころがなく、淡々とした番組進行。函館記念では注目したサトノアレスが惨敗し、微妙な空気に。それはまあ、夏競馬なので仕方がない。

 にもかかわらずファンの間で「大きな話題」となってしまったのが、開催された中京10レース「シンガポールターフクラブ賞」。レースはM.デムーロ騎乗のキンショーユキヒメが5頭がなだれ込む接戦を制したわけだが、問題はレースそのものではない。

 レース後ほどなくすると、「払い戻しのお知らせ」をするのが競馬番組のルーティン。『みんなのKEIBA』もそれは同じで、同レースの払い戻し詳細を画面に映した。

 いつものように「1~5着」までの馬番と名前が並び、騎手名と1着タイム、そしてそれぞれの着差が出されていた。問題は、「着差」の記述である。

 1着は、「1'59"6」と表記されたキンショーユキヒメ。2着は、2年目の荻野極騎手が騎乗したカレンラストショーだったのだが、「着差」の部分に書いてあったのが......。

フジテレビ『みんなのKEIBA』で着差「1月2日」の恥事!? 推測される「原因」とそれ以上にまずい"競走中止"のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、みんなのKEIBAフジテレビ着差の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!