NEW

「"タマモ"ベストプレイ」がTwitter上で謎の大爆発!? 函館記念(G3)大波乱の立役者による約2時間「トレンド1位」君臨の"原因"は......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「タマモベストプレイ」がTwitter上で謎の大爆発!? 函館記念(G3)大波乱の立役者による約2時間「トレンド1位」君臨の原因は......の画像1

 大波乱の立役者に思わぬ"恩恵"があったようだ。

 16日に函館競馬場で開催された函館記念(G3)は5番人気のルミナスウォリアーが優勝。例年「荒れる重賞」として有名な函館記念だが、今年も1番人気のサトノアレス、2番人気のステイインシアトルなど人気馬が馬群に沈んだこともあって、三連単は91万5,320円という大波乱の結果となった。

 だが、そんなレース結果以上に"思わぬ展開"が待っていたのは、レース後のSNS上だ。

 今回の函館記念の大波乱の立役者は、何といっても16頭中14番人気だったタマモベストプレイだった。スタートから果敢に先行し最後までしぶとさを見せた走りに、レース直後のTwitter上でも「よくやった!」「まさかのタマモベストプレイ」「忘れた頃に来るな」など称賛の声が相次ぐと、キーワード「タマモベストプレイ」は勝ち馬ルミナスウォリアーを差し置いて一気にトレンド入り。

 ただ、ここまではよくあることで特にG1開催日のレース直後などは、競馬のキーワードがトレンドの上位を占めることもある。

 ただし、この日の「タマモベストプレイ」はここからグングン順位を上げ、16時過ぎにトレンド1位に君臨すると、そのまま約2時間ほど1位に居座り続けたのだ。レースではルミナスウォリアーに完敗の2着だったが、SNS上では"大差"でぶっちぎった。

 無論、これは通常では考えられない挙動である。有馬記念のような大きなレースを勝ったのならともかく、この日のレースはローカルG3の函館記念。それも2着馬だ。いくら大波乱の立役者とはいえ、明らかに"騒がれ過ぎ"だった。

「"タマモ"ベストプレイ」がTwitter上で謎の大爆発!? 函館記念(G3)大波乱の立役者による約2時間「トレンド1位」君臨の"原因"は......のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、タマモベストプレイ函館記念玉藻の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!