NEW

パチンコも「設定」導入で完全終了も? パチスロ同様の「規制スパイラル」に陥る可能性も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 また今回の改正案では、パチンコにも設定を導入する予定だと発表している。大当たり確率を6段階に設定し出玉を管理することで、ギャンブル性を今以上に抑えることが目的のようだ。

 設定が導入されれば「高設定ほど連チャンしやすい」という性能が生み出されることだろう。パチスロのように、高設定を掴むための立ち回りが重要になるのかもしれない。

 ただ「初当たりの判別が困難」であるパチンコで、設定を確定することは思っている以上に困難だろう。その辺を指摘する声が上がっていることは事実だ。

 あとはパチスロと同様「高設定が入るか否か」という問題も存在している。パチンコにおいても、スペックが低下した状態で低設定しか設置されていなければ客離れが加速することは間違いない。

「設定が入らないから打たない」「稼働率が低いから設定は入れられない」という悪循環が生み出されてしまうようであれば、業界規模の大幅な縮小も覚悟しなければならないだろう。

パチンコも「設定」導入で完全終了も? パチスロ同様の「規制スパイラル」に陥る可能性ものページです。ギャンブルジャーナルは、パチンコ・パチスロ、パチンコパチンコ設定規制の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!