NEW

「最凶」ヒアリはJRAやパチンコなど「ギャンブル」も潰す!? 想定される「脅威」と可能性は......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「最凶」ヒアリはJRAやパチンコなど「ギャンブル」も潰す!? 想定される「脅威」と可能性は......の画像1

「最凶の外来種」として、主に船のコンテナにくっついて"来日"が確認されるたび、大きなニュースとなっている「ヒアリ」。圧倒的な繁殖能力と強い攻撃性、刺された際には命を落とす場合もある猛毒を有している点など、世間を震え上がらせる要素満載の「昆虫」である。

 海外ではすでに多くの被害が出ているが、今後は日本でもその生息域を拡げる可能性が指摘されている。すでに「アリ用殺虫剤の売り上げが伸びている」「相撲部屋が注意喚起」「刺されたことのある人の実体験告白」など、さまざまな場所でさまざまな動きが起きている。まさに「ヒアリ狂想曲」ともいえるこの状況は、今後さらに加速していくことだろう。

 先述したように「相撲部屋が注意喚起」しているということは、いつヒアリの脅威が襲ってきてもおかしくないことを意味している。相撲部屋は一例に過ぎず、今後はあらゆる施設や場所、場面でヒアリを想定する動きが出てくるかもしれない。

 そしてそれは、エンターテインメントの一つである「ギャンブル場」でも同じだろう。特に生き物である「競走馬」を扱う競馬界も、戦々恐々としているのではないだろうか。

 すでに6日には東京の大井競馬場の近くである品川区の大井ふ頭でヒアリが発見された。この時点で世間では「大井競馬場は大丈夫か」と心配の声が上がっていたが、その後続報はなし。今回はたまたま海が近い大井競馬場だったが、今後生息域が拡大するのであれば、他の競馬場も例外ではない。

「ファンや競馬場職員、騎手はもちろんですが、自分自身で対応が取れない競走馬がヒアリに刺されるという最悪の想定もできてしまいます。昨年10月には東京競馬場でスズメバチが発生し、開催まで巣が特定されずレース前の待機所が変わったということがありましたが、広範囲に繁殖するヒアリはこれとは比較にならないほどの脅威でしょう」(記者)

 競走馬は時に億を超える金額で取引されることもある「高級」な生き物。それが外来種の脅威にさらされるということのリスクは非常に大きい。北海道には種牡馬も存在しており、そこまで危険が及ぶ可能性もゼロではないはずだ。

「最凶」ヒアリはJRAやパチンコなど「ギャンブル」も潰す!? 想定される「脅威」と可能性は......のページです。GJは、その他、JRAパチンコヒアリの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!