NEW

レイエンダ骨折で来年クラシックは......兄レイデオロと同じく体質が弱いのは血筋?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レイエンダ骨折で来年クラシックは......兄レイデオロと同じく体質が弱いのは血筋?の画像1

 今年のダービー馬レイデオロの全弟、レイエンダが骨折したことがわかった。

 X線検査で、左膝にごく小さな骨片、右膝にとげ状の骨膜、右前副手根骨の骨折が確認された。つまりは「両脚」に異常をきたしたということだ。ノーザンファームのHPによれば「軽度で不幸中の幸い」としているが、「出鼻をくじかれた」とはこういうことだろうか。

 デビュー前から「兄以上」と評判の極めて高かったレイエンダ。新馬戦を圧勝後にC.ルメール騎手が「(兄より)こっちのほうがいいくらい」と語り、管理する藤沢和雄調教師が「兄に似て走るのが大好き」と高評価するなど、前途洋々の未来が見えていた。

 もちろん「ダービー馬の兄がダービー」と短絡的に思うほど甘くないことは誰もが承知。そうではない場合の確率のほうが圧倒的に高い。

しかし2000年、2001年と兄弟連続でクラシックを制したアグネスフライト・アグネスタキオンのような快挙を見てみたいというのも事実。その期待を背負うだけのポテンシャルやスター性をレイエンダは有している、ということだろう。

 しかし、比較的軽症とはいえ、今回の骨折でその期待に暗雲が立ち込めた部分は否定できない。

 ただ、もともと兄のレイデオロもデビューから順風満帆にダービーまでの道のりを歩んだわけではない。

「レイデオロは2歳時に新馬、ホープフルSと連勝したのものの、3歳になってソエの状態が思わしくなく、予定した弥生賞を回避し、皐月賞直行となっています。レイエンダのほうが重傷ではありますが、脚元が弱いのは血筋ということでしょうか。両脚を負傷してしまった点はかなり心配ですが、じっくりと療養して来年のクラシックに間に合ってほしいですね」(記者)

 昨年のドゥラメンテ、ダービー3着のアドミラブルが再度の故障で年内休養を発表したように、競走馬は一度故障するとレース生活を続ける限りケガとの戦いが続くこととなる。生き物である以上それは宿命である。

 果たして、レイエンダは苦境を乗り越えて再び輝きを放つことができるのか。多くのファンが、来年のクラシックでレイエンダが躍動する姿を願っている。

レイエンダ骨折で来年クラシックは......兄レイデオロと同じく体質が弱いのは血筋?のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、レイエンダレイデオロ骨折の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!