NEW

ほしのあきもTBSも一安心? 今年の競馬で「屈辱的大敗」を喫した『バース・デイ』が三浦皇成騎手の"復帰秘話"を放送決定

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ほしのあきもTBSも一安心? 今年の競馬で「屈辱的大敗」を喫した『バース・デイ』が三浦皇成騎手の復帰秘話を放送決定の画像1

「ケガをする前よりも、進化した自分として復帰したい」

 復帰直前そう公言していた三浦皇成騎手だったが、まずはその「進化」を見せつけた。

 2016年8月14日の落馬事故から約1年。12日の札幌競馬でカムバックを果たした三浦騎手が、妻のほしのあきと長女が応援に駆け付けた中、いきなり結果を出した。

 まずは復帰初戦から4レース目となった7Rの500万下だ。実は7Rの500万下は昨年、三浦騎手が落馬したレースと同じ。しかもダート1700mという舞台設定も同一の中、三浦騎手は「過去の自分」を振り切るようにあえて強気な競馬に出た。

 2番人気のアグネッタに騎乗していた三浦騎手は2番手から最後の直線に入ると、果敢に先頭に立った。「同じような展開だったので、試練かなと思いました」とレース後に本人がコメントしたように、これは1年前に落馬した際の展開とまったく同じ。

 しかし、三浦騎手はその"悪夢"を振り払うようにアグネッタを叱咤。これまでのリハビリが実を結んだ安定感のあるフォームで、最終的には後続に3馬身差をつけて復帰後初勝利を飾った。

「まさか、今日勝てるとは......」と本人は殊勝に語ったが、波に乗った三浦騎手は次の騎乗機会となった最終レースでも6番人気の伏兵で見事1着。復帰初日で"連勝"を飾り、一回り進化した姿を札幌の競馬ファンに大きくアピールした。

ほしのあきもTBSも一安心? 今年の競馬で「屈辱的大敗」を喫した『バース・デイ』が三浦皇成騎手の"復帰秘話"を放送決定のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、TBSほしのあき三浦皇成の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!