NEW

【札幌記念(G2)展望】衝撃の武豊降板! C.ルメール騎手とコンビを組む「新生」エアスピネルが、「2000mの鬼」ヤマカツエースに挑む

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【札幌記念(G2)展望】衝撃の武豊降板! C.ルメール騎手とコンビを組む「新生」エアスピネルが、「2000mの鬼」ヤマカツエースに挑むの画像1

 昨年は当時の現役最強馬モーリスの参戦に沸き、ネオリアリズムのセンセーショナルな重賞初制覇に揺れた札幌記念(G2)。近年は、毎年のようにG1昇格が期待される"真夏の祭典"に今年も興味深いメンバーが集った。

 ディフェンディングチャンピオンの直前回避は衝撃をもたらしたものの、注目は何といってもC.ルメール騎手を新パートナーに迎えたエアスピネル(牡4歳、栗東・笹田和秀厩舎)だろう。

 3歳クラシックを4、4、3着で走り抜けたエアスピネル。古馬になってマイル路線を歩むこととなり、いきなり年明けの京都金杯(G3)を勝つなど幸先の良いスタートを切ったが、その後は元の"善戦マン"に逆戻り。結局、春の目標だった安田記念(G1)も5着で終えて休養に入っていた。

 本馬にとって正念場となる秋を迎えるにあたって、陣営は「2つ」のテコ入れを決断。1つは今回の札幌記念参戦が示すように、もう一度中距離を使うということ。そして、もう1つが主戦・武豊騎手の降板だ。

 デビュー戦から、ここまで12戦すべてで手綱を執ってきた武豊騎手。母エアメサイアのキャリアすべてで騎乗した武豊騎手だが、奇しくも母と同じ12戦を経たところで無念の降板となった。新パートナーのルメール騎手が、どういった新味を見せてくれるのか注目の一戦となりそうだ。

 その一方で、最も人気になりそうなのは2000mの鬼ヤマカツエース(牡5歳、栗東・池添兼雄厩舎)だろう。

【札幌記念(G2)展望】衝撃の武豊降板! C.ルメール騎手とコンビを組む「新生」エアスピネルが、「2000mの鬼」ヤマカツエースに挑むのページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、エアスピネル札幌記念武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!