NEW

武豊騎手「亡き父」武邦彦さんの一周忌にビールで献杯......「父が大好きだった小倉」で新たな名馬との出会い

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊騎手「亡き父」武邦彦さんの一周忌にビールで献杯......「父が大好きだった小倉」で新たな名馬との出会いの画像1

 17日、武豊騎手が公式ホームページの「日記」を更新し、ラインシュナイダーによる交流重賞サマーチャンピオン(G3)の勝利と、昨年に他界した父・武邦彦さんの命日について綴っている。

『今週末も、父が大好きだった小倉での騎乗を予定しています。少し時間も取れそうですし、かつて父が座っていたカウンターを訪ねて、ビールで供養というのもいいかなと考えています』(公式HP)

 昨年8月、現役時代、「ターフの魔術師」として競馬界を沸かせた元騎手、調教師の武邦彦さんが亡くなった。77歳だった。

 武邦彦さんは1957年に騎手デビューし、JRA通算7679戦1163勝。日本ダービーをロングエースで制すなど、関西を代表する騎手の1人として活躍。「天馬」と称され、テンポイントと激闘を繰り広げたトウショウボーイとのコンビでも有馬記念、宝塚記念を勝ち、競馬ファンの視線を一身に集めた。

 172cmという身長や洗練されたルックスで女性からの人気も高く、家族サービスにも熱心で、職人気質だった当時の騎手像を大きく変えた存在の一人としても知られた。特に、その「品」を高く評価する声も多かったようだ。

 現役引退後は調教師としてバンブーメモリーやオースミタイクーンを管理したが、調教師デビューとなったのは、自身の三男にして後に競馬界の「顔」となる武豊騎手のデビューと同じ年。バンブーメモリーでは親子コンビでスプリンターズS(G1)を制している。

 昨年、そんな父が他界した際、武豊騎手は奇しくも4年ぶりに騎乗停止となっていた。

武豊騎手「亡き父」武邦彦さんの一周忌にビールで献杯......「父が大好きだった小倉」で新たな名馬との出会いのページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、一周忌武豊武邦彦の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!