NEW

JRA「古参馬主」が札幌記念を席巻! 「サクラ」「ナリタ」伝統の一撃が炸裂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「古参馬主」が札幌記念を席巻! 「サクラ」「ナリタ」伝統の一撃が炸裂の画像1

 先週末に行われた札幌記念(G2)は、サクラアンプルール(牡6歳、美浦・金成貴史厩舎)、ナリタハリケーン(牡8歳、栗東・中尾秀正厩舎)がワンツーフィニッシュを飾り、枠連、馬連、馬単はレース史上最高払戻金を記録した。

 3着には1人気だったヤマカツエース、また武豊騎手からC.ルメール騎手への乗り替わりで注目されたエアスピネルは5着。さらに香港の雷神J.モレイラ騎手がJRA重賞の初勝利を託したマウントロブソンは8着に終わっている。

 夏競馬は"荒れる"と言われて久しい。そして、この波乱を演出した2頭の名前を耳にして、「懐かしい」と感じた古参競馬ファンも多いかもしれない。それは勝利したサクラアンプルールの馬主であるさくらコマースの全尚烈代表のコメントからも読み取れる。全氏は「(サクラアンプルールの)担当厩務員の父親がマルゼンスキーをやっていて、その子がサクラチヨノオーですから」と目を細めながら語ったという。

 外国からの持込馬であるマルゼンスキーは1976年に中央競馬でデビュー。連戦連勝したものの当時の規定によりクラシックへの出走はかなわず、無敗のまま翌年に引退。そして、その産駒として名が上がったサクラチヨノオーは88年のダービー馬である。いずれにせよ、約20年前以上の話だ。

「さくらコマースは、ピンクがベースの勝負服で馬名に『サクラ』の冠名を用い、かつてはG1優勝馬を含める多くの重賞馬を輩出するサクラ軍団を結成していました。上記以外にも代表的な馬としてサクラユタカオー、サクラバクシンオーがいましたね。懐かしい名前が上がったことで当時を思い返す人もいたのではないでしょうか」(記者)

JRA「古参馬主」が札幌記念を席巻! 「サクラ」「ナリタ」伝統の一撃が炸裂のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、サクラアンプルールナリタハリケーン札幌記念の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!