NEW

高校野球広陵・中村奨成の大活躍に霞む早実・清宮幸太郎......「W優勝」を狙う広島カープ、金本監督の阪神らは早くも超高校級スラッガーのドラ1「鞍替え」か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高校野球広陵・中村奨成の大活躍に霞む早実・清宮幸太郎......「W優勝」を狙う広島カープ、金本監督の阪神らは早くも超高校級スラッガーのドラ1「鞍替え」かの画像1

 22日、第99回全国高校野球選手権大会準決勝が行われ広陵(広島)が、天理(奈良)を9‐12で破り4度目の決勝進出を決め、23日の決勝戦で花咲徳栄(埼玉)と優勝を争うこととなった。

 広陵にとっては2007年以来10年ぶりの決勝進出。あの時は現広島カープの野村祐輔と、現読売ジャイアンツの小林誠司という強力バッテリーで勝ち抜いたが、今年は何といっても「打」の広陵。1回戦の中京大中京戦から秀岳館、聖光学院、仙台育英、そしてこの日の天理と名立たる強豪相手に、すべての試合で2桁安打を放ち、まさに"殴り合い"を制している印象だ。

 その中心にいるのが、今大会で最も大きなインパクトを残し、今や早実・清宮幸太郎内野手と比較されるほどの超高校級スラッガーに上り詰めた中村奨成捕手だ。この日の準決勝では元巨人の清原和博氏の記録を超える大会6号本塁打を放つと、6打点の活躍でチームの勝利に貢献。通算17打点も大会新記録となっている。

 この大活躍を受け、俄然色めきだっているのが、現在セ・リーグの首位を走り優勝目前というところまで来ている広島カープのスカウト陣だ。

 元々、地元出身者を重視する広島は早々に中村をドラフト1位指名候補に挙げ、苑田聡彦スカウト統括部長は「捕手でも日本一になれるけど、日本一の三塁手にもなれる」と絶賛しているという。松田元オーナーも「能力が高い」と獲得に前向き。この日の大活躍でますます拍車が掛かったことだろう。

「母子家庭の中村選手はお母さんの啓子さんが熱心なカープファンということで、いわば相思相愛。ネット上のカープファンも、早くも中村君のドラ1を熱望するコメントで溢れていますね。カープと広陵による悲願の『広島W優勝』の可能性も高そうです。

 ただ、その一方で近年のカープのドラフトは即戦力投手編重の"現実路線"なんですよね......。まあ、それが今の好調の要因にも繋がっているんですが」(記者)

高校野球広陵・中村奨成の大活躍に霞む早実・清宮幸太郎......「W優勝」を狙う広島カープ、金本監督の阪神らは早くも超高校級スラッガーのドラ1「鞍替え」かのページです。ギャンブルジャーナルは、スポーツ、中村奨成広陵高校野球の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!