NEW

武豊騎手が節目の海外G1・10勝目! 韓国コリアC(G1)は日本馬2頭が17馬身突き放す歴史的マッチレースに

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊騎手が節目の海外G1・10勝目! 韓国コリアC(G1)は日本馬2頭が17馬身突き放す歴史的マッチレースにの画像1

「お客さんも多くて韓国競馬の盛り上がりを肌で感じましたし、このような場で初騎乗初勝利が出来て本当に嬉しいです」

 本人にとって通算12か国目、海外勝利114勝目に日本が誇る名手・武豊騎手の声が弾んだ。10日に行われた韓国国際競走。その第一弾となるコリアスプリント(G1)で、韓国初騎乗を迎えた日本のレジェンドがいきなり魅せた。

 15頭立てのダート1200mで行われたコリアスプリント。短距離戦らしくスタートから各馬が激しい先行争いを展開する中、武豊騎乗のグレイスフルリープは抜群のスタートからすんなりと好位グループへ。スッと2番手に浮上すると、逃げ馬を見ながら絶好の位置をキープしてコーナーに飛び込んだ。

 最終コーナーを回り最後の直線に入ると、後続を引き離し、逃げていた馬との一騎討ちとなる。馬場の真ん中で激しい叩き合いとなったが、残り200mを切った辺りからグレイスフルリープが力強く抜け出すと、最後も迫る後続を封じて先頭でゴールに飛び込んだ。

「馬の状態が良く、スタートが上手く決まったのが大きかったと思います。理想的な展開にすることができました。ラストはよく馬が頑張ってくれました」

 節目の海外G1・10勝目を上げた武豊騎手。この勢いで昨年の覇者クリソライトとのコリアC(G1)も連勝と行きたかったが、待っていたのは同胞であり、同時に"最大のライバル"との壮絶な叩き合いだった。

 今年で2年目を迎える韓国国際競走のメイン・コリアCは、クリソライトを管理する音無秀孝調教師が「負けるとすればロンドンタウンだけ」と話していた通り、日本馬に同士による一騎討ちが展開された。

武豊騎手が節目の海外G1・10勝目! 韓国コリアC(G1)は日本馬2頭が17馬身突き放す歴史的マッチレースにのページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、コリアC武豊海外の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!