NEW

【セントウルS(G2)展望】重賞の常連組が集結! 混戦必至なスプリント戦の攻略に必須な「キーマン」は誰だ!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【セントウルS(G2)展望】重賞の常連組が集結! 混戦必至なスプリント戦の攻略に必須な「キーマン」は誰だ!!の画像1

 サマースプリントシリーズの最終戦であり、スプリンターズS(G1)の前哨戦となるセントウルS(G2)。注目はサマースプリント王者を狙う快速フィドゥーシア(牝5歳、栗東・松元厩舎)だ。

 前走のアイビスサマーダッシュは1番人気に支持されたが、惜しくもクビ差で敗れた本馬。しかし石橋脩騎手が「レース内容としては何の文句もありません」とコメントしているように、鋭いスタートダッシュとスピードは高く評価できる。持ち前のスピードが、重賞でも通用することを証明できたと言えるだろう。

 Cウッドでの追い切りでは4ハロン50秒4-12秒1と絶好の動きを披露。万全の状態でレースへ臨めそうな気配だ。02年の当レースをレコード勝ちした母ビリーヴは、勢いそのままに続くスプリンターズSを制しG1ホースになることに成功した。母の血を強く引いている印象の本馬が、同様に名スプリンターへの道を歩めるかに注目だ。

 7戦すべて掲示板を確保と阪神コースを得意にしているファインニードル(牡4歳、栗東・高橋厩舎)も主役候補の1頭。重賞初制覇が期待された前走の北九州記念(G3)は、いい形で4角を迎えたものの勢いがついたところで前が壁になるアクシデントが発生。何とか掲示板は確保したが、悔しい結果となってしまった。3度目の重賞チャレンジとなるココへの意気込みは相当高いはずだ。

 今回と同じ阪神・芝1200mで行われた前々走の水無月Sでは、1分07秒1の好時計をマークして快勝。その点は強力なプラス材料だ。追い切りでもキレのある動きを見せるなど、引き続きいい状態をキープしている印象。鞍上も前走に引き続きM.デムーロ騎手を確保と、不安要素は見当たらない今回は上位争い必至だ。

【セントウルS(G2)展望】重賞の常連組が集結! 混戦必至なスプリント戦の攻略に必須な「キーマン」は誰だ!!のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、セントウルS(G2)フィドゥーシア競馬の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!