NEW

【京成杯AH(G3)展望】マイル王へ向けての熾烈な争い!?マイル路線を牽引する主役の誕生なるか?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【京成杯AH(G3)展望】マイル王へ向けての熾烈な争い!?マイル路線を牽引する主役の誕生なるか?の画像1

 開幕週の10日(日)に中山競馬場で行われるメインレースは、京成杯AH(G3)。モーリスという突出した存在の引退後、混戦模様が続いているマイル路線だが、その主役を目指す馬達が伝統あるハンデ重賞に集まった。夏競馬は先週までで終了したが、このレースはサマーマイルシリーズの最終戦に位置づけられており、夏のマイル王の行方も気になるところだ。秋の飛躍を目指すべく京成杯AH(G3)への出走を予定している注目馬を紹介する。

 近走は2着、3着続きのグランシルク(牡5、美浦・戸田厩舎)だが、今年の初勝利を飾ることはできるだろうか。前走の中京記念(G3)では馬群を割って直線で鋭く伸びてきたが、2番手追走から押し切った勝ち馬を捉えるまでには至らなかった。今年5戦はどのレースもあと一歩のところで勝ちを逃しているが、重賞での2着、3着の成績は評価されるべきものだろう。勝ち味に遅いところがあるのは否めないが、逆に言えば大崩れしない抜群の安定感があるだけに、いつ勝ってもおかしくない存在だ。

 久々のマイル戦でマイペースの逃げ切り勝ちしたマルターズアポジー(牡5、美浦・堀井厩舎)は、この秋の目標をマイル路線に切り替えたようである。中距離での重賞実績があったため昨年の有馬記念(G1)、今年の大阪杯(G1)にも果敢に挑戦したが、高い壁に跳ね返される結果となった。そんな中、前走の関屋記念(G3)では久しぶりに「この馬らしい競馬」に持ち込み、見事に逃げ切り勝ち、嬉しい重賞3勝目を手に入れた。ここで勝利を上げればサマーマイルシリーズのチャンピオンとなるだけに、存在感を示すには絶好のチャンス。この秋にもう一度高みを目指す上で、サマーマイルシリーズチャンピオンの箔を着けたいところ。

【京成杯AH(G3)展望】マイル王へ向けての熾烈な争い!?マイル路線を牽引する主役の誕生なるか?のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、JRA京成杯競馬の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!