NEW

武豊キタサンブラック「天皇賞も惨敗」フラグ? サトノダイヤモンド撃沈で囁かれる「アノレース」の反動

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊キタサンブラック「天皇賞も惨敗」フラグ? サトノダイヤモンド撃沈で囁かれる「アノレース」の反動の画像1

 現地時間10日の仏G2フォワ賞を4着完敗したサトノダイヤモンド。道中をサトノノブレスのエスコートで2番手を追走したが直線でまったく伸びず欧州馬に完敗。本番の凱旋門賞に向けこれ以上ない不安を露呈してしまった。

 当時のシャンティイ競馬場はこれ以上ないほど重い馬場だったということもあり、対応できなかったという声もある。もともとディープインパクト産駒に欧州馬場は基本的に向かないという論調も多いため、それがモロに的中してしまった印象も否めない。

 だが、それにしたって負けすぎだろう、という声もあるのは事実。オルフェーヴル級とはいわないが、サトノダイヤモンドが現役最強の1頭であることは紛れもない事実。この結果を「日本競馬そのもののレベル」とすれば、そこで話が終わってしまうのだが......。

 一方、一部では「あのレースの反動では」という声もある。

「春の天皇賞ですね。同レースはキタサンブラックが3:12.5のレコードタイムを叩き出し、ディープインパクトの記録を超えたレース。サトノダイヤモンドも0.2秒差の3着でしたが、レコードを出すようなレースでの反動があったのでは、という声が多いんです。

その後キタサンブラックは宝塚記念で9着惨敗でしたが、サトノダイヤモンドも大敗を喫してしまいました。もともと2013年のフェノーメノなども天皇賞の激走勝利後に一時精彩を欠くなどしており、3200mという長距離戦はやはりタフ。その影響が尾を引いているのでは......という意見が出るのも自然でしょう」(記者)

 無論これが事実だとしても一要因に過ぎないが、実際に天皇賞・春の上位で現役最強クラスの2頭が揃って惨敗したという事実は揺るぎない。長く響くダメージが淀の3200mにはあるのかもしれない。

 もしそのダメージがキタサンブラックにもまだ残っているとするならば......。秋の天皇賞の状態にも注視が必要かもしれない。宝塚記念の惨敗が「珍しく外枠だったから」というだけならいいのだが......。

武豊キタサンブラック「天皇賞も惨敗」フラグ? サトノダイヤモンド撃沈で囁かれる「アノレース」の反動のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、キタサンブラックサトノダイヤモンド武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!