NEW

ローズS(G2)アドマイヤミヤビで「エアスピネル札幌記念」の悪夢払拭!? ルメール騎手が全盛期の武豊騎手を超える「絶対王政」創設へ闘志

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ローズS(G2)アドマイヤミヤビで「エアスピネル札幌記念」の悪夢払拭!? ルメール騎手が全盛期の武豊騎手を超える「絶対王政」創設へ闘志の画像1

 17日に行われる秋華賞トライアル・ローズS(G2)に出走する有力馬の1頭アドマイヤミヤビ(牝3歳、栗東・友道康夫厩舎)は、C.ルメール騎手とのコンビ復活でラスト1冠に挑む。陣営も「3連勝した時のジョッキー」と、フランス人騎手に対する期待は大きいようだ。

 確かに、デビューから4戦で手綱を執っていたのはルメール騎手だった。デビュー戦こそ後れを取ったものの、未勝利戦を楽勝すると、続く百日草特別(500万下)では後に京都2歳S(G3)と弥生賞(G2)を連勝するカデナを撃破。オークス(G1)2着などクラシックで活躍したルージュバック以来の牝馬の勝利とあって、期待は大きく膨らんだ。

 さらに3歳初戦のクイーンC(G3)を後のNHKマイルC(G1)の覇者アエロリットや、桜花賞馬レーヌミノルらを相手に完勝して3連勝。その評価を確固たるものにしたアドマイヤミヤビだったが、本番の桜花賞(G1)で2番人気に支持されたものの、主戦のルメール騎手の姿は1番人気ソウルスターリングの鞍上にあった。

 その時にコンビを組んでいたのはM.デムーロ騎手。しかし、アドマイヤミヤビにとっては大きく出遅れた上に、ほぼ何もできずに12着大敗と悪夢のようなレースとなってしまう。続くオークスでは上がり最速の末脚で追い上げたが、ソウルスターリングに大きく引き離された3着が精一杯だった。今回のローズSは仕切り直しとして「最も相性の良い騎手」を迎えての一戦となる。

 だが、「気合」という点では、むしろ陣営よりもルメール騎手本人の方が入っているかもしれない。

 というのも、今秋のルメール騎手は早くから「秋G1ラッシュ」が期待できるほどの錚々たる騎乗予定が埋まっているからだ。

ローズS(G2)アドマイヤミヤビで「エアスピネル札幌記念」の悪夢払拭!? ルメール騎手が全盛期の武豊騎手を超える「絶対王政」創設へ闘志のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、アドマイヤミヤビルメールローズSの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!