NEW

JRAきっての「ドS貴公子」川田将雅騎手のメンタルが心配......悪質な"肘打ち"に耐え、フォワ賞敗戦で"濡れ衣"を着せられた「忠犬」は今、何を思う

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAきっての「ドS貴公子」川田将雅騎手のメンタルが心配......悪質な肘打ちに耐え、フォワ賞敗戦で濡れ衣を着せられた「忠犬」は今、何を思うの画像1

 かつて「これだけは譲れないものは?」という質問に「プライド」と答えた男がいた。キャプテントゥーレとのコンビで皐月賞を制し、初のG1制覇を飾ったばかりの若かりし川田将雅騎手である。

 その後も順調に勝ち星を伸ばし続け、今や競馬界でも指折りの名手に成長した川田騎手。それと同時にジェンティルドンナによるオークスや、マカヒキによる日本ダービーなど数々のビッグタイトルを獲得。将来の競馬界を担う存在の1人であることは、誰もが認めるところだろう。

 しかし、その一方で川田騎手は"出世"すればするほど、若かりし頃に掲げていた「プライド」は見る影もなくなった印象がある。それは単に、彼が「大人になった」というだけなのだろうか。

 誰もが認める名手である一方、獲得したタイトルの割に「川田騎手と言えば?」と聞かれて出てくる馬があまりに少ない。強いて挙げれば2014年に桜花賞を勝ったハープスターだが、ラストランとなったドバイシーマクラシックでは、世界的名手R.ムーア騎手にその座を奪われている。

 通算G1・9勝を数える川田騎手だが、重賞57勝に対してG1勝ち数が少なく感じるのは、1頭の馬で複数のG1を勝ったことがないからだ。

 その一方で、ジェンティルドンナのオークスやラブリーデイの宝塚記念など、主戦騎手というよりは"代打"でのG1制覇が目立つ。特に、競馬界で絶対的な権力を握る社台グループに対しは、その時その時の状況に合わせて乗ったり降りたり......まるで"便利屋"のように乗り替わりを強いられる様に、一部からは「社台の飼い犬」とまで揶揄されているのが現状だ。

 それでも川田騎手は、あえて顔を伏して機会を待ち続けている。例え、"犬"になってでも実績を伸ばし、いつか来る己の天下まで耐え抜く決意を固めているようだ。

「Sか、Mか?」という質問に「完全にS」と答え、昨年の『戦え!スポーツ内閣』(MBS)に出演した際は、その"ドS発言"でファンを沸かせた筋金入りのドS貴公子。耐えることが得意なはずがない。便利屋のように都合よく扱われることに、鬱憤は相当溜まっているはずだ。日頃のインタビューのあまりにも模範的な回答が、逆にその裏返しにさえ聞こえる。

 そんな川田騎手の"野望"と同時に"無念さ"の一端を垣間見たシーンがあった。昨春に『netkeiba.com』で、藤岡佑介騎手を相手に行った対談での一幕だ。

JRAきっての「ドS貴公子」川田将雅騎手のメンタルが心配......悪質な"肘打ち"に耐え、フォワ賞敗戦で"濡れ衣"を着せられた「忠犬」は今、何を思うのページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、JRA川田将雅競馬の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!