NEW

SMAP元メンバー退社で「ネット画像解禁」も、「時代遅れ」が浮き彫り?未だに解禁されない体制の古さには「理由」が

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SMAP元メンバー退社で「ネット画像解禁」も、「時代遅れ」が浮き彫り?未だに解禁されない体制の古さには「理由」がの画像1

 今月8日にジャニーズ事務所を退所した元SMAPの草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾の画像が、退社によりインターネット上にて条件付きではあるが解禁されることとなり、話題になっている。

 元メンバー3人の弁護士によると、掲載にあたっては事前に弁護士事務所に連絡するよう求めており、解禁されるのは9日以降に撮影された画像に限られるようだ。

 今やSNS上にて芸能人が「画像や動画」を投稿するのが当たり前な時代。そんな中、未だにネット画像を頑なに禁止している同事務所。「時代遅れな体制だ」という意見もあるが、どうやら事務所なりの方針があるようだ。

ジャニーズは、パブリシティ権に特に厳しいようです。パブリシティ権とは、有名人に認められる権利で氏名や肖像にある経済的価値を保護する権利。画像を悪用してグッズの違法販売が蔓延すると売上が落ちますからね。ファンにしてもタレントに正当に還元される体制は喜ばしいことなので、擁護している人は多いようです」(記者)

「SNSを使えば、もっとファンが増えるのでは?」という声もあるが、ファンからすれば、SNSで交流を深めたいという気持ちよりも「笑顔で活動してほしい」という気持ちの方が強いようだ。

 たとえ時代にそぐわない体制だとしても、ネット画像の悪用を防ぐことで所属タレントのプライバシーを守り、利益を正当に還元する体制は、逆にこのネット時代だからこそ重要視するべきことかもしれない。

 そんな同事務所が「SNSを準備している」とウワサもあるが、真実は定かではない。過去にジャニーズを退所したKAT-TUNの元メンバー、赤西仁や田口淳之介は退所後まもなくTwitterやインスタグラムといったSNSを開設している。自由となった今、退所したSMAP元メンバーのこれからの動向が気になるところだ。(文=編集部)

SMAP元メンバー退社で「ネット画像解禁」も、「時代遅れ」が浮き彫り?未だに解禁されない体制の古さには「理由」がのページです。ギャンブルジャーナルは、エンタメ、SMAPジャニーズ画像解禁の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!