NEW

神戸新聞杯(G2)レイデオロは本当に強いのか。歴史的超スローを神騎乗で勝った"謎"のダービー馬が「100%馬券」の最強データ破る?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
神戸新聞杯(G2)レイデオロは本当に強いのか。歴史的超スローを神騎乗で勝った謎のダービー馬が「100%馬券」の最強データ破る?の画像1

 24日に開催される菊花賞トライアル・神戸新聞杯(G2)に、今年の日本ダービー馬レイデオロ(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が参戦する。

 まさにダービー馬の「王道」といった出陣になるが、その後の進路が"藤沢流"。どうやら秋のメインターゲットは菊花賞(G1)ではなく、ジャパンC(G1)での古馬撃破にあるようだ。

 それに関して師は「この後はジャパンCも、天皇賞・秋も、菊花賞もあるから何とも言えない」とけむに巻いているが、主戦のC.ルメール騎手が菊花賞でアルアイン、天皇賞・秋でソウルスターリングの騎乗が濃厚な現状。レイデオロは神戸新聞杯→ジャパンCが既定路線といえるだろう。

 大人気の主戦騎手の"都合"に振り回された結果、レース間隔が約2カ月も開く変則的なローテとなったという声もあるが、当然ながらメリットもある。

 昨年10月にデビューしたレイデオロは、そこから年内に3戦してホープフルS(G2)を勝利。一躍クラシックの有力候補にのし上がった。しかし、年が明けてからは放牧先で疲労が抜けず、ソエも重なって、予定していた皐月賞トライアルを回避することに。なんとか皐月賞には間に合ったが、順調さを欠いた結果5着に敗れている。

 この夏にデビュー戦を快勝した全弟のレイエンダもいきなり骨折に見舞われたように、あまり足元が強い血統とは言えないようだ。そういった点でレース間隔がしっかりと開いている点はありがたい。1戦ごとに全力投球できる点は、プラスに働きそうだ。

 また、ちなみに度々比較される厩舎の大先輩ゼンノロブロイとシンボリクリスエスは、共に神戸新聞杯を勝利。レイデオロもしっかりと続きたいところだ。

神戸新聞杯(G2)レイデオロは本当に強いのか。歴史的超スローを神騎乗で勝った"謎"のダービー馬が「100%馬券」の最強データ破る?のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、ルメールレイデオロ神戸新聞杯の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!