NEW

JRA丹内祐次騎手「騎手免許剥奪でいい」!? 超悪質「体当たり」騎乗停止であの「軍団」との関係にもヒビ?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA丹内祐次騎手「騎手免許剥奪でいい」!? 超悪質「体当たり」騎乗停止であの「軍団」との関係にもヒビ?の画像1

 9月18日の中山1R、1着入線のマイネルサリューエが走行妨害により2着降着となった。2着入線のマイネルアンファンが繰り上げ勝利となっている。

 これにより、マイネルサリューエに騎乗した丹内祐次騎手は9月23日から10月8日まで16日間の騎乗停止となったわけだが、その騎乗が「あまりにもひどい」と話題になっている。

 最後の直線のパトロールビデオを見れば一目瞭然だが、丹内騎手はマイネルサリューエとマイネルアンファンの最後の追い比べの際、ひたすらに「右鞭」を連打。当然マイネルサリューエはどんどん左にヨレ、マイネルアンファンと宮崎北斗にぶつかっている。

 さらに、一度ぶつかっても丹内騎手は右鞭をやめることなく連打、連打。その後5~6回マイネルアンファンとぶつかり、最後にこの2頭はずいぶんと外によれてゴールとなった。

 斜行などに寛容になって久しい中央競馬だが、今回のあからさまな「攻撃」にはさすがに着順を入れ替える他なかったか。レース時には火花散る熱戦に見えたのだが、パトロールで度肝を抜かれたファンは多かったことだろう。

 当然ながら、ここまでの悪質な騎乗をして「開催6日」のみの騎乗停止で済んだ丹内騎手に批判の声も多く聞かれる。

JRA丹内祐次騎手「騎手免許剥奪でいい」!? 超悪質「体当たり」騎乗停止であの「軍団」との関係にもヒビ?のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、JRA丹内祐次騎乗停止の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!