NEW

武豊「G2・100勝」に足踏み続く......ダンビュライト神戸新聞杯(G2)制覇で菊へ弾み?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「G2・100勝」に足踏み続く......ダンビュライト神戸新聞杯(G2)制覇で菊へ弾みの画像1

 春クラシックの善戦馬が巻き返すことも多い秋の菊花賞戦線。24日の神戸新聞杯(G2)に出走予定、武豊騎手が騎乗するダンビュライトも今秋に活躍が期待される1頭だ。

 ダンビュライトは、きさらぎ賞(G3)、弥生賞(G2)、皐月賞(G1)で3戦連続の3着、そして日本ダービー(G1)では6着と実績はなかなかのもの。しかし勝ったのは新馬戦のみ。現状では賞金順で除外される可能性もあり、秋の大目標となるクラシック最後の1冠・菊花賞(G1)へ確実に向かうためには、トライアルでの3着以内が必要となっている。

 神戸新聞杯がダンビュライトにとって負けられない重要な戦いとなるのは間違いない。また、同時に武豊騎手にはここでJRA通算「G2・100勝」という大記録が懸かっている。

 武豊騎手といえばG1通算100勝達成(地方、海外含む)など武豊騎手にしか達成できないようなさまざまな記録を樹立しているが、このG2・100勝も当然ながら前人未到の大記録だ。

 この記録は武豊騎手にとって、通過点に過ぎないだろう。だが、意外なことにこのG2・100勝をなかなか達成できないでいる。

「最後に武豊騎手がG2を勝ったのは、キタサンブラックに騎乗した昨年10月10日に開催された京都大賞典です。その後も複数回G2レースで騎乗していますが、いずれもあと一歩のところで勝利を逃しています」(記者)

 京都大賞典の翌週、1番人気に支持されたスマートレイアーで臨んだ府中牝馬S(G2)は3着に終わった。またその後、昨年は4レース、今年は7レース、計11回G2競走に挑んだものの勝利をつかめないでいる。

武豊「G2・100勝」に足踏み続く......ダンビュライト神戸新聞杯(G2)制覇で菊へ弾み?のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、ダンビュライト武豊神戸新聞杯の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!