NEW

絶好調・横山典弘騎手が「オレ流(マイスタイル)」で秋競馬に一撃!? 神戸新聞杯に恐怖の「意外性コンビ」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
絶好調・横山典弘騎手が「オレ流(マイスタイル)」で秋競馬に一撃!? 神戸新聞杯、菊に恐怖の「意外性コンビ」の画像1

 24日に開催される菊花賞(G1)の前哨戦、神戸新聞杯(G2)。今年はダービー馬レイデオロ、きさらぎ賞、毎日杯(ともにG3)で2戦連続2着入りを果たしたサトノアーサー。さらに2連勝している夏の上がり馬キセキ、そして武豊騎手が騎乗するダンビュライトと実力を秘めた競走馬が勢揃いしている。

 そんな強豪ひしめく中、競馬ファンの中で「もしかしたら......」と期待を抱かれているコンビがいる。それが横山典弘騎手とマイスタイル(牡3歳、栗東・昆貢厩舎)だ。

 デビュー2戦目で勝利をあげたマイスタイルは、次走シンザン記念(G3)で5着。その後、こぶし賞の勝利を経て、弥生賞(G2)へ向かう。そして同レースから横山典騎手とタッグを結成、8人気ながらも2着に入る好走を見せた。続く皐月賞(G1)こそ16着と惨敗に終わったが、このコンビが本領を発揮したのは日本ダービー(G1)だった。

 レースでは横山典騎手が開始早々から逃げ、1コーナーで主導権を握りスローペースを作りあげる。14番人気だったマイスタイルが長らく先頭を走り、東京競馬場は『まさかこのまま勝つのか!?』とファンのどよめきであふれた。結果こそスローペースを見抜いたC.ルメール騎手が騎乗するレイデオロが優勝し、マイスタイルは4着。だが、このレースで "天才"とも称される横山典騎手の手腕が遺憾なく発揮されたのは間違いない。

絶好調・横山典弘騎手が「オレ流(マイスタイル)」で秋競馬に一撃!? 神戸新聞杯に恐怖の「意外性コンビ」のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、マイスタイル横山典弘神戸新聞杯の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!