NEW

安室奈美恵にJRA衝撃「サイン」が!? 突然の引退発表に驚愕も、あの「不遇の素質」が再び目覚める?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安室奈美恵にJRA衝撃「サイン」が!? 突然の引退発表に驚愕も、あの「不遇の素質」が再び目覚める?の画像1

 24日に開催される神戸新聞杯(G2)。注目は日本ダービー馬レイデオロにダンビュライトなどに集まっているが、春のクラシック前までは、この2頭より期待を集めていた馬が、今回は「ひっそりと」参戦する。

 今年の弥生賞馬・カデナ(牡3 栗東・中竹厩舎)だ。デビュー2戦目で勝利を上げると、続く百日草特別では春牝馬クラシックの中心となるアドマイヤミヤビと0.1秒差の2着。続く京都2歳S(G3)では良血ヴァナヘイムや青葉賞2着ベストアプローチらを下して優勝。弥生賞でも同世代のライバルを蹴散らして連勝を飾る。ここまで上がりはすべて最速ということもあり、クラシック最有力の1頭として注目を集める。

 しかし、3番人気で挑んだ皐月賞では後方待機からまったく見せ場なく9着。続く日本ダービーでも後方のレースを展開したが、これまた何もできずに11着惨敗。このあたりで多くのファンはカデナを3歳世代の有力から"外した"といえるかもしれない。

 実際、夏から秋にかけてこの馬のことが話題になることもなく、現在に至っている。直前追い切りでは栗東坂路で単走してラスト1F12秒7とまずまず良好のようだったが、やはりそこまで話題に上ることはない。

 鞍上の福永祐一騎手は、クラシックが始まる前にカデナに大きな期待をかけていたようだが、最近ではそんな話も耳にしなくなっている。本人もお手馬であるシルバーステートの離脱、ヴィブロスの乗り替わりなど苦しい状況下だけに、何とかならないものか......。

 と、思いきや、ここにきてカデナにある意味での「追い風」が吹いている。もはや藁にもすがる思いかもしれないが、何もないよりはいいはず。

 それが、今週起こったもっとも衝撃的な出来事の「サイン」だ。

安室奈美恵にJRA衝撃「サイン」が!? 突然の引退発表に驚愕も、あの「不遇の素質」が再び目覚める?のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、JRA安室奈美恵神戸新聞杯の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!