NEW

JRAの奇抜戦略?隠し玉候補に「元SMAPの3人」...秋競馬、緒戦でいきなり10万馬券か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0925sprinta_01.jpg
秋のG1シリーズが開幕する

「元SMAPのジャニーズ事務所を辞めた3人、彼らを使えばいいんじゃないか?」

 ある馬主は、日本中央競馬会(JRA)のテレビCM戦略を話し合っている時に、そう提案した。

 現在、JRAのCMに出ている4人(松坂桃李、柳楽優弥、高畑充希、土屋太鳳)は、役者として実績も知名度もあり、若い層から大きな支持を得ている。しかし、その支持層は偏っており、高齢の競馬ファンや競馬関係者の間ではあまり評判が良くないという。

 元SMAPのメンバーでは、過去に木村拓哉と中居正広はJRAのメインキャラクターとして起用されたことがある。特に木村がダンスを取り入れたCMが放送された時は、かなりのインパクトがあった。その年は、武豊が初めて東京優駿(日本ダービー)を制し、木村とのツーショット映像も大きな話題となって各メディアに取り上げられた。

 すでに来年のCMキャラクターはほぼ決まっているが、今年の4人がそのまま出るといわれている。しかし、競馬場のイベントなどでこの4人はなかなか使いにくいという声もある。そのため、冒頭の「元SMAPの3人」を呼べという声が出てきたのだろう。

 9月8日にジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人をまとめて起用すれば、大きなインパクトがある。老若男女を問わず人気のあったSMAPのメンバーだったことを考えれば、なかなかのアイデアかもしれない。ベテランジョッキーと世代が近いこの3人が競馬場でどんなふうに暴れてくれるのか、想像すると興味深い。また、今の4人より話題性もあるのではないだろうか。最終的には大手広告代理店のプレゼンとJRA幹部によって決まるが、今後そういったサプライズがあっても面白いだろう。

 そのJRAは、今週から秋競馬が本格的に開幕する。週末には、いよいよ秋のG1シリーズ第1弾のスプリンターズステークスが行われる。このレースは、秋の短距離王者を決定するレースとして位置づけられており、夏の上がり馬、春の実績馬、昨年の実績馬などが揃い、波乱必至の難解な一戦。現在、8年連続で万馬券が飛び出しており、特に2006年には3連単で263万円という超特大万馬券も飛び出している。

 スプリンターズステークスが毎年波乱の結果となるのは、夏の上がり馬と春の実績馬の比較が非常に難解で、さらに力関係がはっきりしない外国馬の出走もあるからだ。今年もこの傾向が当てはまっており、難解なメンバー構成に頭を抱えている競馬ファンも少なくないだろう。

 万馬券は人気のない馬が好走し上位に食い込むことで発生するわけで、これを素人が的中させるのはかなり難しい。それでも、100円が1万円や10万円、時には100万円に化ける可能性のある万馬券は、競馬ファンにとって是が非でも的中させたいものだ。ただし、今年のスプリンターズステークスも、一筋縄ではいかない。安易な予想はお金をどぶに捨てるようなものだ。

 しかし、そんな難解なレースを読み解く有力なヒントがある。万馬券予想を極め、数々の実績を誇る「暴露王」の『スプリンターズステークス情報』は、万馬券を的中させたい競馬ファンにうってつけの存在だ。この暴露王は、東西のトレーニングセンターで活躍する競馬専門紙の現役トラックマンと極秘に提携し、彼らが取材した情報や裏話を独占管理して競馬ファンに提供している。

JRAの奇抜戦略?隠し玉候補に「元SMAPの3人」...秋競馬、緒戦でいきなり10万馬券かのページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、SMAPスプリンターズS競馬の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!