NEW

パチスロ狂いの「終着駅」...... 「華」に見せられ「華」に狂った先に見えたものとは......(壱)

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ狂いの「終着駅」...... 「華」に見せられ「華」に狂った先に見えたものとは......の画像1

 私は今まで計10台以上のパチスロ機を購入し、現在は7台所有している。この話をすると必ず驚かれ、引かれることも多々ある。しかし、まだまだ家スロとして満足していない。

 実は今でも、喉から手が出るほど欲しい機種があるが、その機種は、価格が一時期はなんと200万円を超えた。

「筐体の出で立ち」「BGM」「シンプルなゲーム性」この要素だけでも「家スロ」として置いておきたい......そんな機種を今回は紹介したい......。

「ギャンブル」は「シンプル」であればあるほど中毒性が高い。どこかで耳にした言葉だ。

 話は逸れるが、ギャンブルの歴史を見ると、世界中の壁画、遺跡の出土品、文献などでギャンブルに興じる描写が多く残っている。古代エジプトの墳墓からは、神々がサイコロを振ってギャンブルをしている様子が描かれた陶器が発見。日本では「丁半」が有名であろう。ルールは至ってシンプル。2つのサイコロを振り、出た目の和が、偶数であれば「丁」、奇数であれば「半」のどちらか予想するだけだ。このギャンブルは、江戸時代から1980年頃まで頻繁に行われていたようだ。

 過去の歴史を振り返ると「シンプル」なギャンブルは、全世界時代問わず多くの人間に愛されていることが分かる。

 この「シンプルさ」をパチスロに置き換えるとなんだろうか?

 それは完全告知機だ。"光れば当たり"というシンプルなゲーム性が老若男女に好まれている要因であり、ジャグラーやハナハナが代表的な機種である。

今回は、実機の所有はしていないが常に崇め敬意を表する為、ポスターを額縁に入れて飾っている機種であり、「シンプルさ」に加え意図的な連チャンが視覚・聴覚を虜にし、ジャンキー度を飛躍させた機種を振り返りたい。

パチスロ狂いの「終着駅」...... 「華」に見せられ「華」に狂った先に見えたものとは......(壱)のページです。ギャンブルジャーナルは、パチンコ・パチスロ、パチスロ家スロ沖ドキの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!