NEW

フジ『みんなのKEIBA』史上最大の放送事故!? 「産経」の名に泥を塗る「迷カメラワーク」に大ブーイング

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フジ『みんなのKEIBA』史上最大の放送事故!? 「産経」の名に泥を塗る「迷カメラワーク」に大ブーインの画像1

 24日の競馬中継『みんなのKEIBA』(フジテレビ系)で、またも「放送事故」が起こってしまったと話題だ。番組ではこの日に行われたレースの模様を中継していたのだが、問題視されたのは中山11Rのオールカマー(G2・芝2200m)だった。

 画面がスタジオから中山競馬場に切り替わり、レースがスタート。第4コーナーでディサイファが外側へわずかに斜行。その直後にいたルージュバックがさらに大きく斜行する事態に発展。数多くの馬が大きな不利を受ける"事件"が発生し、レース後騒動に発展している。だが、放送での事件は最後の直線、ゴール前で発生した。

 直線に入り、トップのマイネルミラノを交わそうと各馬がスパート。後続からステファノスがついに先頭を捉え、見事に差し切ってゴールイン。

と、思いきや、なぜかレースはさらに進むのだ。次の瞬間、いきなり違う角度での映像が流れ、勝ち馬ルージュバックの"本当のゴールイン"の瞬間が映し出された。

 この珍現象に対し、視聴していたと思しきファンからは「ステファノスが勝ったのかと思った」と勝馬を勘違いする者や「撮影ポイントがおかしい」と撮影方法を批判する意見があがっている。

「撮影しているカメラは複数台あると思いますが、それを切り替えるタイミングを間違ってしまったということだと思います。これで肩透かしを食らったファンも多いでしょう。この番組はレース名の表記間違いや馬名の読み間違い、さらに勝ち馬を間違えて伝えてしまうなど、何かとミスが多いです。競馬中継は生放送のため、このようなミスが起こってしまうこともあるでしょう。ですが、多すぎるという声は多いですね」(記者)

フジ『みんなのKEIBA』史上最大の放送事故!? 「産経」の名に泥を塗る「迷カメラワーク」に大ブーイングのページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、みんなのKEIBAオールカマーフジテレビの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!