NEW

エネイブルの「最強伝説」は凱旋門賞(G1)で止まる!? 英国が世界に誇る天才少女が抱える「2つ」の不安要素とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0613gaisenmon_01.jpg
※画像:凱旋門賞 『競馬つらつら』より

 いよいよ10月1日の発走が近づいてきた凱旋門賞(G1)。

 日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦するが、今年の主役は英国の「天才少女」エネイブルが務めることになりそうだ。初の海外馬券発売となった昨年は日本ダービー馬マカヒキが"国内1番人気"となったが、今年は本馬が1番人気になることが濃厚といわれている。

 ここまで7戦6勝。英オークス(G1)を5馬身差で圧勝してG1初制覇を飾ると、続く愛オークス(G1)も5馬身半差で連勝。この時点で凱旋門賞戦線の1番人気に躍り出るが、キングジョージ6世&QES(G1)で超一流古馬陣を楽々撃破したことで、完全なる「1強」状態を築き上げたエネイブル。

 さらに前哨戦のヨークシャーオークス(G1)でも、5馬身差で古馬牝馬を一蹴。圧倒的な強さでここまで勝ち進んでおり、現地ではすでに「10年に1頭の逸材」という声まで聞かれている状況だ。

 凱旋門賞は斤量の影響により、ここ10年で6勝するなど牝馬の活躍が目立つレース。エネイブルと同じ3歳牝馬も3勝を上げており、斤量面ではむしろ有利。ちなみにそういった"偏り"の対策として、今年から3歳馬の斤量が1ポンド(0.5kg)上積みされることとなったが、これも本馬には大きな影響を及ぼさないだろう。

 何故なら、この見直しが行われたのは凱旋門賞だけでなく、エネイブルはすでにキングジョージ6世&QESで、これまでよりも0.5kg重い斤量ながら難なく圧勝しているからだ。他の3歳勢への影響はともかく、少なくとも本馬がその"ハンデ"を受けて有り余るポテンシャルの持ち主なのは間違いない。

 欧州の主要ブックメーカーは、軒並みエネイブルを抜けた1番人気と足並みをそろえており、中には単勝2倍を切るオッズを掲げている社もある。日本よりもオッズの偏りが緩い欧州で、ここまで人気が集中するのは異常な事態だ。

 これだけを見ても、我々が今年の凱旋門賞で1頭の天才少女に対する「歴史の証人」になる可能性は十分にあるといえるだろう。

 では、死角はないのか。

エネイブルの「最強伝説」は凱旋門賞(G1)で止まる!? 英国が世界に誇る天才少女が抱える「2つ」の不安要素とはのページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、エネイブルサトノダイヤモンド凱旋門賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!