NEW

パチンコ業界「衰退」加速も問題なし? 市場規模さらに減少で「消滅」の可能性は高まるも......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ業界「衰退」加速も問題なし? 市場規模さらに減少で「消滅」の可能性は高まるも......の画像1

 停滞が目立つパチンコ業界に、またもや暗いニュースが舞い込んできた。

 矢野経済研究所が、パチンコ関連機器市場に関する調査結果を発表。2016年度のパチンコ関連機器(パチンコ機、パチスロ機、周辺設備機器)の市場規模が、前年度比で11.5%(1,299億円)減少したと「マイナビニュース」は報じている。

 パチンコ関連機器市場の約9割を占める遊技機市場は10.2%減の8,821億円。2012年度以降5カ年度連続で減少となったようだ。内訳はパチンコ機が5245億円、パチスロ機が3576億円だという。

 パチンコ機とパチスロ機を合わせた遊技機の市場規模は、合算で1兆円を超える時代が続いていた。しかし2015年度には前年度比91.0%(9,827億円)と大幅減。その流れを止めることはできず、2年連続で1兆円の大台を割る事になってしまった。

 未だ20兆円を超える市場規模を誇ってはいるが、右肩下がりの傾向が続いているパチンコ業界。平成28年のパチンコ・パチスロ参加人口(推計)は前年比130万人減の940万人と、市場規模だけではなく参加人口も確実に減少している。

 また最盛期には約1万8000店を誇った店舗数も、2017年には店舗数が1万店を割ったことも明らかになった。つい先日も、出玉を現行の2/3程度に抑えるなどの「規制強化」の方針が発表されたばかり。業界規模のさらなる縮小は確実視されており、消滅の可能性を示唆する声も上がっている状況だ。

パチンコ業界「衰退」加速も問題なし? 市場規模さらに減少で「消滅」の可能性は高まるも......のページです。ギャンブルジャーナルは、パチンコ・パチスロ、パチンコパチンコ衰退出玉規制の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!