NEW

元棋士・加藤一二三氏の「偏食」目撃談がすごすぎ......「ビジネスキャラ」疑惑を一蹴する驚愕の「3点セット」に記者あ然

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
元棋士・加藤一二三氏の「偏食」目撃談がすごすぎ......「ビジネスキャラ」疑惑を一蹴する驚愕の「3点セット」に記者あ然の画像1

 元将棋棋士の"ひふみん"こと加藤一二三氏は、現在テレビに引っ張りだこの存在だ。

 今や本業の将棋の仕事以上に、バラエティの仕事の方が多いなんて話も。藤井聡太四段の人気にあやかるのはもちろん、その極めて個性的なキャラクターや猫にまつわるエピソードなど、バラエティ向きの要素を多数持っているということだろう。

「文化人枠ということでギャラも安く、その上でキッチリ存在感を放っていますからね。本人もノリノリということです。先日の『笑神様は突然に...』(日本テレビ系)のスペシャル版では、滝沢カレンと遊園地デートをするなど仕事の幅も広がっています。今後も快進撃は続くかと」(記者)

 予備校講師の林修氏のブレイクの際も「まさか」という声が多かったが、加藤氏に関しても同種ということだろうか。

 ただ、こういう場合よく囁かれるのが「ビジネスキャラ」ではないかということ。あのキャラが作り物とはなかなか思えないが、やはりそこは芸能界、キャラを作っている可能性はゼロではないということだ。

 ただ、ある記者は街で一度、加藤氏と同じ飲食店でたまたま隣り合わせになったらしい。その当時をこう振り返る。

「JR品川駅前の定食屋で隣に座った加藤さんは、即座に『アップルジュースとアイスミルク!』といきなりびっくりな注文。その後飲み物が2つ席に出ると、すかさず『冷奴ください!』。アイスミルクとアップルジュース、そして冷奴......正直『おいしいのだろうか』と思いましたよ。ただ加藤さんは以前テレビ番組でもその『偏食』と『ジュースの偏愛』を語っていました。本当にそうなんだな......としみじみ感じたものです。キャラクターもあのままでしたよ」(同)

 まるで加藤氏が大好きな「猫」が食べそう、などと思ってしまったが、加藤氏は歯もほとんどないため、噛みやすい飲食物を頼んでいるのかもしれない。やはりあのキャラは素のようだ。

元棋士・加藤一二三氏の「偏食」目撃談がすごすぎ......「ビジネスキャラ」疑惑を一蹴する驚愕の「3点セット」に記者あ然のページです。ギャンブルジャーナルは、スポーツ、バラエティ偏食加藤一二三の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!