NEW

パチンコ店最大手「マルハン」「ダイナム」最強タッグ結成!? しかし、業界の協力体制に「今更遅いのでは?」と冷ややかな声も......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ店最大手「マルハン」「ダイナム」最強タッグ結成!? しかし、業界の協力体制に「今更遅いのでは?」と冷ややかな声も......の画像1

 警察庁が発表したギャンブル依存症対策となる出玉規制や遊技人口の減少など、さらなる衰退が囁かれるパチンコ業界。暗いニュースばかりが目立つが、決して明るい話題がないわけではない。

 それはパチンコ大手チェーン店「マルハン」と「ダイナム」がなんと最強タッグを結成。2016年度売上高ランキング(パチンコ・パチスロ産業関連データ参照)で「1位」がマルハン、ダイナムはそれに次ぐ「2位」と業界を牽引する主力ホールだ。そんな強豪店舗が、初めてとなる合同企画イベントを開催すると話題となっている。

 今回の合同企画では、労働環境の問題点を共有し、改善に向けた話し合いを行うことで、これまで以上に女性社員・スタッフが働きやすい職場環境を構築することを目的としたものだ。座談会では、女性の定着強化に向けた制度、教育プログラムなど、両社が実施してきたこれまでの取り組みをそれぞれ報告し合いながら情報共有を図った。

 営業的には、ライバルである両社。参加者は「両社の成長を業界の活性化に繋げていければ」「今後も合同企画を実施して、業界に新しい風を吹き込んでいきたい」と業界の未来を見据えた協力的な姿勢を見せた。

 実はこのような協力体制はパチンコホールに限った話ではない。なんとあの業界の二枚看板であるトップメーカーがすでに手を組んでいた。

 それが、大手パチスロメーカー「ユニバーサルエンターテインメント(以下 ユニバーサル)」と「サミー」だ。以前は各自でファンイベントが行っていたが、2016年から「ユニバカ×サミフェス」と称し、ライバル同士のトップメーカーがタッグを組んだ。このイベントにはパチスロファン約17000人超がつめかけ、往年の名機やパチスログッズ販売、ホール未導入の新台に会場は熱気に包まれた。

 また、両社は設計を統一させた遊技機やその部品を共同生産する合弁会社「株式会社ジーグ」を設立。業界衰退でメーカーの収益力が低下している昨今、共同開発で生き残りを図る目的だ。

パチンコ店最大手「マルハン」「ダイナム」最強タッグ結成!? しかし、業界の協力体制に「今更遅いのでは?」と冷ややかな声も......のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、ダイナムパチンコ店マルハンの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!