NEW

JRAも「3・4歳」に失望か......ソウルスターリング・マカヒキ「傷持つリアルスティール」に惨敗で死屍累々の若駒たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAも「3・4歳」に失望か......ソウルスターリング・マカヒキ「傷持つ古馬」に惨敗で死屍累々の若駒たちの画像1
立ちはだかったリアルスティール

 8日に東京競馬場で行われた毎日王冠(G2)は、3番人気リアルスティールが豪快な差し脚でサトノアラジンとの叩き合いを制し、復活の重賞勝利を上げた。同世代のキタサンブラック、サトノクラウンらライバルに天皇賞で対峙すべく、秋最高のスタートを切ったといっていい。

 一方、見どころがまったくなかったのは圧倒的1人気に推されたソウルスターリングだ。スタートはこれまでと比較してそこそこ、道中では押し出されるように先頭に立ち、平均ペースを刻んだものの直線半ばですでに脱落、ズルズルと後退して8着に沈んでしまった。

 3歳牝馬の「大将」として初めての古馬牡馬対戦となったが、人気を考えればあまりにも不甲斐ない内容だったといわざるを得ない。男馬のプレッシャーはあるにせよ斤量53キロではやはり言い訳にはならないだろう。

 明らかな牡馬との差を見せてしまったソウルスターリング。次走はさらにメンバーが強化される天皇賞・秋とあって、ファンの間ではすでに「回避」の可能性も聞こえるほどだ。「牡馬とやればこんなもん」「牝馬に強かっただけ」という声もある。

 この敗戦で、今年はハイレベルといわれた3歳牝馬路線の「本当の実力」にクエスチョンマークがついたのは間違いない。そしてそれは、JRAにとっても「最悪」の状況ではないか。

「今年の3歳牡馬は、現状レイデオロが砦となっているものの、全体のレベルを非常に疑われています。夏競馬でも1000万下で古馬の壁に跳ね返されている状況で、全体的なレベルが低いという中、強いといわれていた牝馬のトップであるソウルスターリングが無様な敗戦を喫したことで、牝馬路線のレベルも見直しが必要な状況です。今年の3歳全体がまるでダメとなると、来年の競馬界の盛り上がりにも影響が......」(記者)

JRAも「3・4歳」に失望か......ソウルスターリング・マカヒキ「傷持つリアルスティール」に惨敗で死屍累々の若駒たちのページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、ソウルスターリングリアルスティール毎日王冠の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!