NEW

秋華賞(G1)ディアドラ陣営「超自信満々コメント」を極秘入手......存在地味もG1で「相手探し」になるほど突出?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秋華賞(G1)ディアドラ陣営「超自信満々コメント」を極秘入手......「地味目」なキャラクターも「相手探し」になるほど突出のデキの画像1
「ディアドラ(競馬つらつら)」より

 15日に開催される3歳牝馬最終決戦・秋華賞(G1)。ファンディーナやアエロリット、モズカッチャン、ラビットランら重賞ウイナーに注目が集まっているが、この「重賞馬」には不思議と注目が集まっていない。

 それが、前走紫苑S(G3)1着のディアドラ(牝3 栗東・橋田厩舎)だ。前走では中団後ろに控え、外外を回して最後の最後差し切る強い内容。このレースで騎乗した岩田康誠騎手も「着差以上に強かった」と称賛していたように、ハナ差とはいえ力が抜けていることを証明している。

 ただ、世間の関心はどこまでも薄い。春の牝馬クラシックを彩ったライバルたちが軒並み阪神のローズS(G2)に出走し、手薄なメンバーと見られた点が大きかったのかもしれない。

 しかし、同馬はここまですでに13戦ものレースを消化し4勝、新馬戦以外のすべてのレースで上がり3位以内を記録し、紫苑S前までは、オークスも含め4戦連続で上がり最速を記録している。オークス4着という結果からも、能力が世代トップクラスであることに疑いはない。

 そして、このディアドラに関しあまりにも心強い情報が手に入った。

「秋華賞はもはや『この馬で堅い』と言っても過言ではないかも......。陣営からは『勝ち負けになる』と力強い言葉がありました。1週前追い切りでは今回騎乗するルメール騎手を背にしましたが『いい動き』と好感触を得たようです。同馬を担当する込山調教助手は、いわゆる"攻め専"時代にサイレンススズカにベガなど数々の名馬を育て上げてきた名手。込山さんが厩務員が自らの担当馬に乗って調教する"持ち乗り"になって初めてのG1ですし、気合も入っているでしょう。一部では秋華賞が『相手探し』という声まであるそうですよ」(現場記者)

 なんとも自信満々な陣営の声を入手したわけだが、もともと春段階から「秋になれば」と期待をしていたようで、今はそれ以上の成長を見せているという。

 ルメール騎手も大絶賛となれば、このままオッズ人気もどんどん上がっていってしまうだろうか。地味なまま、オイシイ思いをしたいファンは多いが......。

秋華賞(G1)ディアドラ陣営「超自信満々コメント」を極秘入手......存在地味もG1で「相手探し」になるほど突出?のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、JRAディアドラ秋華賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!