NEW

岩田康誠「調教ファンディーナ潰し」で安藤勝己氏を裏切る!? 秋華賞「陣営意図ガン無視」の舞台裏

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岩田康誠「調教ファンディーナ潰し」で安藤勝己氏を裏切る!? 秋華賞「陣営意図ガン無視」の裏側の画像1

 15日の秋華賞(G1)の主役の1頭であり、もっとも取捨に戸惑う存在、それがファンディーナ(牝3 栗東・高野厩舎)だろう。

 今年のデビューから3連勝、常に大差をつけて勝利した際は「今年の主役」といわれたファンディーナだが、牡馬挑戦の皐月賞で惨敗すると、休養後のローズSでも6着と敗退。完全に「メッキがはがれた」という見方をする声も多い。

 ただ一方、ローズSの馬体重が「+22キロ」だった点から「完全な叩き台」と見る声は多く、本番での変わり身を期待する声は少なくはない。そしてそれは、あの「レジェンド」も同じのようだ。

「ローズS終了後、元騎手の安藤勝己氏が自身のTwitterで『さすがに今回の調整で22キロ増は余裕残し。それでも雰囲気は抜けてたし、今日の結果で本番の乗り方が見えたと思う』と、次の変わり身を予言しております。雄大な馬格と雰囲気、そして過去の圧倒的なレースを鑑みれば、そう思う気持ちもわからないでもないですが......」(現場記者)

 ファンの間では「アンカツが言ったし切れる」「終わってる牝馬はいきなり変わらん」と冷たい声がある一方、「俺は秋華賞の本命候補」「次はさすがに戻るのでは」など、安藤氏の見解に同意する声もあるのが現状だ。

 しかし、同馬の1週前追い切りでは、併せ馬を行い4ハロンを55.7秒。ラストこそ12.4秒と2馬身差の先着を果たしたが「予定よりも2秒ほど遅くなった。コンディションを整える上で誤算が生じたので修正していかないと......」と陣営のコメントが冴えなかった。ローズSでも乗り込みが足りない中での参戦、さらには秋華賞の1週前追い切りでもイマイチと歯車が狂った状態は続いているようだ。この状況に「厩舎変更」の声も相次いでいる。

 しかし、どうやらこのイマイチは陣営だけの問題ではなく、「騎手」のほうにも要因があるようで......。

岩田康誠「調教ファンディーナ潰し」で安藤勝己氏を裏切る!? 秋華賞「陣営意図ガン無視」の舞台裏のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、ファンディーナ安藤勝己岩田康誠の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!