NEW

ホールを鉄火場にしたパチスロ「レジェンド」! ユーザーを狂乱させた「5号機」時代の先に待つのは......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pachinkoya.jpg

 11月より3000枚リミッターが搭載された「5.9号機」のみが新台となるパチスロ業界。2月からは出玉獲得性能が大幅に見直された「6号機時代」がスタートすることになる。

 ホールの主軸である旧基準機に関しては、2017年12月に設置比率30%未満にすることが決定している。今後のことに関しては明らかにされていないが、さらに減台されていくことは間違いない。

 時間は要するものの、万枚の獲得も可能だった「5号機時代」は終焉へ向かっている。パチスロバブルを築いた4号機を遊技できなくなったように、5号機が完全に消滅する時代は確実に迫っているのだ。

 ただ現在でこそ5号機はユーザーに支持されているが、決して順風満帆なスタートを切ったわけではない。出玉性能が大幅に制限された5号機は、強烈な出玉性能に麻痺していたユーザーに受け入れられることはできなかったのだ。

パチスロ人気を復活させたレジェンド! パチスロを進化させた革命的機種とは

 苦戦を強いられていた5号機であったが、出玉を作るためのシステム「RT」などを搭載した機種が流れを変えることになる。中でも大きな存在なのは『リングにかけろ1』(銀座)ではないか。

 パンチ力抜群のRT機能「ブーメランラッシュ」と、多彩なボーナス重複当選契機を搭載したシステムは多くのユーザーを魅了した。RTを延命させるための技術介入「リプパン打法」は、パチスロより離れたユーザーを呼び戻したと言っても大袈裟ではない。

 その後ボーナスとART、またはARTのみでコインを増やす「ART機」が主流となったことにより、パチスロは完全復活へと向かっていくのだった。ARTのゲーム数を上乗せするシステムを搭載した機種の登場で、ユーザーを完全に取り込むことに成功した。

ホールを鉄火場にしたパチスロ「レジェンド」! ユーザーを狂乱させた「5号機」時代の先に待つのは......のページです。ギャンブルジャーナルは、パチンコ・パチスロ、5号機パチスロ出玉規制の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!