NEW

巨人・村田修一戦力外は「心臓」のせい? 以前から囁かれた「不安」と今後

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
巨人・村田修一戦力外は「心臓」のせい? 以前から囁かれた「不安」と今後の画像1

 巨人の、村田修一内野手が自由契約となった。

 鹿取GMは「まだ十分な戦力となる選手ですが、チームの若返りを図るために苦渋の決断をしました。FAでは補償が発生する。自由契約の方が選択肢が広がる。これだけの貢献をしてくれた選手に、せめてもの誠意です」と説明している。

 通算350本塁打、15年連続2ケタ本塁打など、横浜、巨人で活躍し、現在も主力としての力がある村田の放出には、驚きの声も多い。

 若返り、というGMの意見は事実だろうし、CSを逃した今、大きな変化が必要なのは間違いない。その中での英断だった点は納得もいくというもの。

 しかし、それ以上にファンの間で囁かれるのが、彼の「心臓」だ。

「特に巨人に入ってからいわれたことですが、とにかく『勝負弱い』『ランナーがいない時にばっかり打つ』という意見は多かった。実際チーム内でも『ノミの心臓』というのは浸透していたそうで、打てない時期には嘔吐を繰り返すなど、プレッシャーに弱い一面はやはりあるようですね。

世間やファンの目がとりわけ厳しい巨人だからこそ、という部分もあるのでしょうが」(記者)

 4位でシーズンを終了した巨人。そんな中で「真に必要な選手」をふるいにかけた際、村田は落ちてしまったということだろうか。年棒との兼ね合いもあるのだろう。

 ただ、他の球団が獲得に動く可能性は高く、まだまだ現役ではやれるはず。巨人というプレッシャーから解放された今、是非とも第二の全盛期を作るべくがんばってほしいところだ。

巨人・村田修一戦力外は「心臓」のせい? 以前から囁かれた「不安」と今後のページです。ギャンブルジャーナルは、スポーツ、巨人戦力外村田修一の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!