NEW

武豊とエアスピネルに「覚醒」の兆し。「不可解騎乗」と言われ「降板劇」の原因になった安田記念で見えた「もう一段速いギア」とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊とエアスピネルに「覚醒」の兆し。「不可解騎乗」と言われ「降板劇」の原因になった安田記念で見えた「もう一段速いギア」とはの画像1

 現役屈指の「もどかしい馬」エアスピネル(牡4歳、栗東・笹田和秀厩舎)が紆余曲折の末、再びマイル路線に帰ってきた。鞍上も武豊騎手に戻っての心機一転、この秋のターゲットを11月のマイルCS(G1)に定め、21日に東京競馬場で開催される富士S(G3)に挑む。

 3歳クラシックを4、4、3着で完走し、今年の年頭から一度はマイル路線に歩むこととなったエアスピネル。年明けの京都金杯(G3)で約1年2カ月ぶりの勝利を上げ、幸先良くスタートしたものの、その後はこれまで通りの善戦マンに逆戻り。大目標だった安田記念(G1)でも5着に敗れ、路線変更は"失敗"に思われた。

 そこからエアスピネル陣営は、デビュー戦からの主戦だった武豊騎手をまさかの降板。

 次のターゲットを2000mの札幌記念(G2)に定め、新パートナーにC.ルメール騎手を抜擢した。この決定は、ネット上を中心にファンの間でも大きな議論を呼んだが、エアスピネルの関係者にとっても現状打破に向け、背に腹は代えられぬ決断だったことは間違いないだろう。

 ところが期待された札幌記念でも、最後の直線で伸び切れずに5着敗戦。さらにレース後、ルメール騎手から「少し距離が長いようです」と告げられると、当初の目標だった天皇賞・秋(G1)への参戦も白紙となった。

 以上の経緯によって、エアスピネルは今秋から再びマイル路線に戻って今週末の富士Sへ出走し、鞍上もまた武豊騎手に戻ることとなった。結局、陣営の都合に振り回される格好となった競馬界のレジェンドだが、実は内心ほくそ笑んでいるのではないだろうか。

 何故なら、この秋のエアスピネルは、これまでの善戦マンのイメージを払拭する可能性があるからだ。

武豊とエアスピネルに「覚醒」の兆し。「不可解騎乗」と言われ「降板劇」の原因になった安田記念で見えた「もう一段速いギア」とはのページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、エアスピネル富士S武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!