NEW

清宮幸太郎、日ハムでも「先輩」斎藤佑樹と「最悪の共通点」......自分にプレッシャーかけすぎて......

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
清宮幸太郎、日ハムでも「先輩」斎藤佑樹と「最悪の共通点」......自分にプレッシャーかけすぎて......の画像1

 26日、プロ野球ドラフト会議が開かれ、注目の早稲田実業、清宮幸太郎内野手は7球団指名、抽選の末、日本ハムが交渉権を得た。

 史上2位となる7球団の指名を受けた清宮だが、引き当てたのはダルビッシュ有、大谷翔平など稀代の才能を育て上げた日本ハムというのは「幸運」だったのではないだろうか。スラッガーとしては中田翔を育てたチームでもあり、ノウハウの面では抜群だろう。

 以前から指摘されている「守備」に関しても、パ・リーグならばDH制があるためクリアしやすい部分もあるだろう。本人が望む「メジャー」を考えれば、克服しなければならないだろうが......。

 今後入団するかは清宮選手自身が決定することではあるが、この球団であれば特段の文句はないはずだろう。ぜひとも大活躍してもらいたいものだが......。

 日本ハムといえば、まさしくあの「先輩」がいる球団でもある。

「同じ早稲田実業出身の斎藤佑樹投手ですね。高校時代の注目のされ方は互角でしたが、プロでも『先輩』ということになります。斎藤投手は高校ではプロに行かず大学進学。その後4球団指名で日本ハムに行きました。同じ高校からこれほどの注目選手が続くというのは、なかなかめずらしいですね」(記者)

 斎藤はプロに入ってからは苦戦しているが、清宮は果たしてどうだろうか。

清宮幸太郎、日ハムでも「先輩」斎藤佑樹と「最悪の共通点」......自分にプレッシャーかけすぎて......のページです。GJは、スポーツ、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!