NEW

JRAにとっても邪魔? 『アメトーーク』で「競馬(寄生)芸人」にウンザリ......ファン待望「アノ企画」実現の可能性は

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAにとっても邪魔? 『アメトーーク』で「競馬(寄生)芸人」にウンザリ......ファン待望「アノ企画」実現の可能性はの画像1

 9日、『アメトーーク』(テレビ朝日系)は「競馬芸人」。競馬をテーマにした企画は今回で3度目となるが......。

 競馬を熱く語るメンバーは麒麟・川島明、カンニング竹山、千鳥・ノブ、ナイツ・土屋伸之、レッド吉田、ジャングルポケット・斉藤慎二。今回はどんな競馬トークが繰り広げられるのか興味もあるが......。

 ネット上では、今回のキャスティングに不満の声も多い様子だ。

「川島、土屋あたりは『本当に詳しい』とファンからお墨付きがあるのか出演に文句はないようですが、他はとにかく『にわかファン』という扱いをされているようです。『竹山いらない』『いつもの面子飽きたな』『ノブとか競馬にたかってるだけ』『レッド吉田はいつまでも競馬覚えないし......』と厳しい声が並んでいます。

確かに、コアなファンからすれば『大して詳しくもないのに』と見られる部分はあるかもしれません」(記者)

 土屋は「実況」すらもできる競馬オタク、川島は競馬番組の司会で見事なMCを披露しているなど、しっかりと「理由」があるが、他のタレントはその「一定ライン」に該当しないようだ。どうしても「競馬をネタに仕事を増やしているだけ」と見られているらしい。

JRAにとっても邪魔? 『アメトーーク』で「競馬(寄生)芸人」にウンザリ......ファン待望「アノ企画」実現の可能性はのページです。GJは、競馬、JRAアメトーーク競馬芸人の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!